アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

不可思議な国 東野・宮古

Kappabuchi

小樽からの帰り道は東北巡りです。

東北の中でも私がいちばん疎遠なのが岩手県でした。

そこで北上から三陸地方を横断して、宮古まで行ってみました。

まずは民話で有名な遠野。

上の写真は『カッパ淵』、下の写真は『荒神神社』です。

何の変哲もない”ただの田舎”ですが、なんとなく時間の流れが違うような、不思議な気分でした。

ひとつ気が付いたのは、土地の人々の温かさ。

田舎はどこも温かですが、東野の人々は朗らかに温かいですね。

とても気分よく過ごさせていただきました。

ちなみに嫁は道の駅の野菜が安いと言って、爆買いしてました。(笑)

次は釜石を経て太平洋沿いを北上し、宮古の浄土ヶ浜です。

浄土ヶ浜というくらいですから、一度この目で見ておきたい所でした。

いやぁ~、綺麗なところですね。

白い浜と岩、眩しい緑、そして青い空。

しかも!そこは遊泳可能で海水浴場になっている!

まさしく極楽浄土の絵柄でした。(笑)

(なので写真はあまり撮る気になれませんでした…)

普通は資源保護とか言って規制しちゃうのに、粋なことしますね。

いいぞ、岩手県。

距離はあるけど、どちらもまた来たくなりました。

Tono

Jodogahama

玉川温泉

Tamagawaonsen_02

東北第2弾は玉川温泉です。

前回は嫁さんのお腹に長女がいたので、実に9年ぶりです。

湯治場として有名で、ある意味日本一有名な温泉とも言えるでしょう。

酸性度(Ph)は1.0の強酸性で、傷があると猛烈な痛みに襲われます。

なので100%源泉の他、50%希釈や低濃度に薄められた湯もあります。

子供は粘膜が弱いので、連れていく前によく考えたほうがいいでしょう。

(9年前の嫁さんは妊婦なのに100%に入っていた・・・)

効能は素晴らしく、体中の悪玉菌があっという間に死滅しますが、逆に体を傷めることにもなるので皮膚に疾患のある方は注意が必要です。

9年前に来た時は100%源泉でアトピーの炎症が悪化(火傷)してしまいました。

さらにここはラジウムを放出していて、癌患者の方をはじめとして岩盤浴が有名です。

あまりに強力な温泉で気軽に入るのは危険なので、体験するだけなら隣の新玉川温泉がいいでしょう。

Tamagawaonsen

乳頭温泉 鶴の湯

Tsurunoyu_03


温泉巡り第一弾は乳頭温泉の鶴の湯です。

大人気の温泉で、山奥にもかかわらず駐車場はいっぱい。

ここは東北ではよく見る湯治場になっていて、いかにも体に良さそうな温泉です。

露天は広く開放的で、乳白色お湯が見た目にも気持ちいい。

露天は男女別々にあるので女性も安心です。

泉温も熱過ぎず、三女でも入れました。

むかし行った黒湯もよかったですが、ここもステキですね。

また訪れたい温泉です。

Tsurunoyu

東北道名物 超!渋滞

Jam


夏休みは気合いを入れて朝6:00出発でした。

それでも渋滞には巻き込まれます。

出発早々、福島県に入ったところでこの表示。

”渋滞70㌔”ってアナタ、どんな長さよ?

おかげで田沢湖までの400kmを走るのに14時間もかかったですよ。

それからキャンプなどする気もなく、この日は買い食いでした。

家族もぐったりです。

来年からは夜間走行が無難ですね・・・

蒸の湯温泉 ふけの湯

Photo

 再び本州に上陸して温泉探索です。今回は八幡平アスピーテラインにある蒸の湯温泉『ふけの湯』です。

 ここは凄く迫力があります。秘湯の中でもダイナミック派ですね。そこら中からお湯が湧いていて、ジャリ道の道端からも湧きだしている程です。宿の若ダンナ曰く泉質は2つあって、内湯(館内)と露天が違うそうでどちらも入ってみました。

 内湯はヒバ造りと思われるオシャレな浴室で安心して入れます。お湯は少し白濁していますが、無色に近いですね。露天は玉川温泉や箱根の強羅を思わせる岩と蒸気の中にあり、迫力満点です。景色を楽しむなら男湯を、熱い湯を楽しむなら混浴がオススメです。

 秋田はよい温泉ばかりですが、その中でも、ここはトップクラスの温泉のひとつですね。宿の方の感じもよく、また来たいと思います。

奥入瀬を駆ける

奥入瀬を駆ける

夏休み二日目は、十和田・奥入瀬へ。八幡平から廃墟マニアに有名な松尾鉱山跡を経て北上します。
八年ぶりの奥入瀬は相変わらずの落ち着く水の流れと柔らかな光に包まれていました。震災の影響であろう少ない客足に心が癒されます。

後生掛温泉

後生掛温泉

 東北温泉巡り第一弾は後生掛温泉です。いやぁ、想像以上にいい温泉ですね。お湯といい風呂といい、素晴らしいです。温泉の隣でグズグズと湧く源泉が本物であることを物語っています。玉川温泉のように湯治場ナイズされ過ぎているわけでもなく、逆に観光重視となっているわけでもなくて好感が持てます。男女別となっているので女性にも安心ですし、湯温も普通なので子供にも好評でした。営業時間も朝7時からと日帰り客の強い味方です。そういう点からも超オススメの温泉です。また必ず来たいと思います。