アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ラーメン 一力 宇都宮大通り店

Ichiriki

今週はたまたま嫁さんと半日だけスケジュールがあったので、ふたりで買い物に出掛けました。

こんなこと1年に一回あるかないかです。(汗)

私の誕生日が近いので、メガネを新調していただきました!

そのあとはランチという訳には行かず、午後の用事に合わせて急いでラーメンを食べる事に。

二荒山神社のすぐ向かい、『一力』というお店に決定。

私は旨塩チャーシューラーメン、嫁さんは旨味噌ラーメンを注文。

カウンターで並んで食べるのは若い頃のデートのようでなかなか楽しい。

肝心のお味は・・・

塩味は”美味しい”、味噌味は”けっこう美味しい”部類でしょうか?

味が濃い目なので若い人向きかも知れませんね。

普通、大盛、特盛が同じ料金というのはとても好感が持てます。

若い人にオススメの一店です。

えぞ菊

Ezogiku_01

今日は午前中が東京への出張、今週は休みなしです・・・

午後から別件があるのでとんぼ返りですが、寄り道せずとも食事くらいは楽しみたい。

そこで早稲田通りと明治通りの交差点近くにあるラーメン屋『えぞ菊』を訪れることに。

むかし東京に住んでいた頃に何度か味わった店です。

かれこれ20年前の話です。

学生街らしく、たっぷりのモヤシと濃い目のスープ。

「あぁ・・・この味だ」

と、ちょっとノスタルジックなセリフを吐きたいところでしたが、悲しいことに私の舌は何も覚えていませんでした。(笑)

でもまぁ、美味しかったです。

また20年したら、来たいと思います。

Ezogiku_02

桂苑~小樽のラーメン屋~

01

小樽でゴロゴロすることにしたので、まずはラーメン屋巡りです。

小樽ラーメンと言えば『初代』が有名ですが、それは最近の話。

どんな街にも昔ながらっていうお店がありますよね?

味よりも懐かしさとか存在感だけで生き続けているみたいな。

そういう意味では、都通りの中華料理屋『桂苑』がまさにそれ。

外観はまさしく『昭和』!

嫁さん曰く、生まれる前からあったらしい。

味は特別美味しいという訳じゃないけど、ヘンな小細工がなくてなんだか懐かしい味です。(もちろん褒め言葉です)

お盆と言うこともあり、お客さんも結構な入りでした。

メディアで人気上位のお店もいいけれど、たまにはこんなお店もいかが?

02

中華そば 櫓屋

Yaguraya_02

久しぶりにラーメン屋へ足を運びました。

今回はJR宇都宮駅東口にある『中華そば 櫓屋』です。

このお店、何度もテナントが入れ替わる中長い月日を耐え抜いていて、すごく有名ではないけれど前々から行きたいと思っていたところです。

注文が食券を自販機で買うという、個人的に好きではないシステムですが、味には関係ないのでガマンするとします。

頼んだのは『中華そば全部乗せ(塩)』、1050円。

自販機のボタンが他のメニューよりも大きくて、いかにも”これを買うように!”的なシンボルメニューのようです。

値段もなかなか立派ですが、ラーメンもなかなかです。

味は結構あっさり目で油も強くなく、40代としてはウレシイ味です。

見た目のボリュームは写真以上にあって、特に叉焼の大きさと数がスゴイ!

厚肉を炙ってあるので歯ごたえがしっかりあるのが男らしい。

加えて料理人のオジサンもワイルドな中高年って感じで、妙な安心感があります。

敢えて言うと、麺の量がチョイと少なすぎるかな?

男性は最初から大盛り(100円増し)にしたほうがいいでしょう。

オススメの一店です。

Yaguraya

つけ麺ラーメン 鳴門

Naruto

今日は朝から嫁が長女と次女を連れて出かけてしまい、三女と留守番です。

ということでランチはラーメン巡り。

今回のお店は道場宿にある『つけ麺ラーメン 鳴門』にしました。

ラーメンもメニューにあるのですが、オススメはつけ麺というのでそちらに決定。

一見そばのように見えますが、かなりコシのある麺で食べ応えがあります。

美味しい大きな鶏カラもついて800円はけっこうオトクかも。

スープの味もしつこくなくて、私のようなオッサン世代には食べやすいですね。

次回は隣の人が食べていて気になったチャーシュー麺にしたいと思います。

らあめん厨房 どる屋

Doruya_02

昨晩から次女が耳が痛いと泣くので、嫁さんが病院に連れていく代わりに、三女の子守りとなりました。

パパを誰より愛してくれる三女は朝から全開で遊ぶので、大人しくさせるために昼食はラーメン屋に連れ出すことにしました。

行き先は宇都宮市役所のすぐ前にある、『らあめん 厨房どる屋』です。宇都宮のラーメンランキングでは常に上位に位置する有名店です。

ただ、店は小さく内装も殺風景で少し疲れていて、最初は少々不安になったりするかもしれません。

気さくなおばちゃんのオススメで『鯛七味香りねぎらーめん』の大盛りを注文。

これは旨い!オススメです。

文字どおり鯛ダシで、スープもとてもなめらかです。好き嫌いは別れるところだと思いますが、中高年にはウケが良さそうな気がします。

こんどは魚ダシが好きな嫁さんを連れてきてやろうと思います。

アクセスは少しわかりにくいので、調べてから出かけるのが無難です。

龍ノ髭 宇都宮店

Ryunohige

以前から行きたいと思っていた東簗瀬の『龍ノ髭』に次女を連れて行ってみました。

宇都宮では少数派の博多とんこつのお店で、なかなかの人気です。

ここはランチがオトク。ラーメンに100円加えるだけでセットや替え玉がいただけます。

小さな子供連れなら、ラーメン一杯プラス100円でじゅうぶん楽しめますよ。

肝心のお味のほうは、普通の『美味しい』って感じでした。

もちもちの木 宇都宮店

Photo

この間、ひさびさに『もちもちの木』を訪れてみました。

店内は相変わらずモダンなコンクリート調で少し薄暗く、なんだか大人な感じです。個人的にはチョット取っつきにくいかな?と思いますが、お客さんの回転はいいので受け入れられているのでしょう。

私は中華そばを嫁さんは味噌ラーメンを注文しました。

中華そばは脂に封じ込められた熱々の麺とスープがなかなか旨いです。ただ具が少ないので『値段の割には』という印象を受けました。

味噌ラーメンは逆に見た目はそれなりなのですが、40代の我々には少ししょっぱ過ぎですかね。

美味しいのですが、味付けは30代以下がターゲット、こどもを連れて行くにはチョット場違いな感じがするので、我々としては★2つってとこですかね?

HP ⇒ http://www.mochimochinoki.com/top.html

和の中

01

 今日は子供たちが全員いないので、嫁さんと久々にランチデートです。行き先はラーメン屋。今回のターゲットは宇都宮市の中心街からは少々離れた駒生(こまにゅう)にある中華料理店『和の中』です。

 最初はラーメン屋だと思って行ったのですが、実際は和風中華料理屋という感じでした。古民家を改装した建物、中国から輸入したと思われる雑貨類、店内を流れる音楽はジャズといった感じで、とても落ち着ける雰囲気でした。薬膳料理も充実しているようです。これなら女性一人で行っても大丈夫ですね。

 ひとつしかないラーメンである『内モンゴル岩塩ラーメン』と『薬膳 焼き餃子』を注文しました。口の中でとろけるチャーシューも素晴らしいですが、岩塩で味付けされたスープが絶品です。決して濃過ぎず、単純ながらしっかりした味。私のような歳には、これくらいの味つけが最高ですね。

 宇都宮の中ではかなりの上位に入る味なのは間違いありませんが、ぜひ夜に中華のコース料理を楽しみに行きたいお店でもあります。

住所:栃木県宇都宮市駒生町1296-33

02

東峰飯店

Tohohanten

 今日は嫁さんと二人きりの休日。こんなこと何年振りだろうか?長女が生まれてからだから、7年以上ぶりです。あまりに久しぶり過ぎてヘンな感じ。きっとその極端な例が熟年離婚なんだろうなァ・・・

 幸いにも末期症状には程遠い我が夫婦は、せっかくなのでランチに行くことにしました。行き先は嫁さんからのリクエスト『東峰飯店』。国道123号線と産業道路の交差点のほど近くですが、通りからは一本入った分かりにくい所にあります。にも関わらず駐車場はほぼ満車。店に入ってもほぼ満席状態でした。

 私は東峰味噌ラーメン、嫁さんは広東ラーメン、プラス半チャーハンを注文。どちらのラーメンもけっこうなボリュームです。40代に突入した我々にはちと辛い量かも。半チャーハンもとても『半』は名乗れそうになく、限りなく『普通の』量のチャーハンでした。周りを見渡すとどのメニューもかなり大きめです。味は見た目のどす黒さとは裏腹に意外とサッパリしています。個人的にはけっこう好きな味です。広東ラーメンは少ししょっぱ過ぎかも知れません。チャーハンはカラッとしていて、こちらもイイ味です。

 中華料理屋なのであまりラーメン屋としては数えられないのかもしれませんが、宇都宮のラーメンランキングではかなり上位に入ると思います。余った料理は持ち帰れるなど、店の対応も好感が持てます。今度は家族連れで来たいと思います。

より以前の記事一覧