アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

不可思議な国 東野・宮古

Kappabuchi

小樽からの帰り道は東北巡りです。

東北の中でも私がいちばん疎遠なのが岩手県でした。

そこで北上から三陸地方を横断して、宮古まで行ってみました。

まずは民話で有名な遠野。

上の写真は『カッパ淵』、下の写真は『荒神神社』です。

何の変哲もない”ただの田舎”ですが、なんとなく時間の流れが違うような、不思議な気分でした。

ひとつ気が付いたのは、土地の人々の温かさ。

田舎はどこも温かですが、東野の人々は朗らかに温かいですね。

とても気分よく過ごさせていただきました。

ちなみに嫁は道の駅の野菜が安いと言って、爆買いしてました。(笑)

次は釜石を経て太平洋沿いを北上し、宮古の浄土ヶ浜です。

浄土ヶ浜というくらいですから、一度この目で見ておきたい所でした。

いやぁ~、綺麗なところですね。

白い浜と岩、眩しい緑、そして青い空。

しかも!そこは遊泳可能で海水浴場になっている!

まさしく極楽浄土の絵柄でした。(笑)

(なので写真はあまり撮る気になれませんでした…)

普通は資源保護とか言って規制しちゃうのに、粋なことしますね。

いいぞ、岩手県。

距離はあるけど、どちらもまた来たくなりました。

Tono

Jodogahama

画になる街 小樽

Yoichi

宇都宮を出発してまる3日かけて小樽に到着。

慣れてはいるものの、片道1000kmの旅はやっぱり疲れます。

嫁の実家ではありますが、ゆっくりさせてもらってます。

小樽は子供たちにとっても海や山で遊んだり、ガラス細工作ったり運河行ったりできるので好評です。

どこを撮っても絵になりますし、地元の名店もたくさんあります。

本当にいい街だと思います。

実は義母の美味しい料理を酒の肴に、義父の小樽自慢を聞くのが一番の楽しみなんです。

 

ちなみに北海道の人は海と言えばBBQ。

海水浴はあまりしません。

砂浜に車で乗り入れて、テント張って泊まったりします。

Otaru01

Otaru02

ニセコは食材のまち

Niseko

蘭越で一泊キャンプして、実家の小樽に向かいます。

途中、ニセコ近辺で野菜と水をたっぷり仕入れるのが、我が家のお決まりのコースになっています。

とにかく朝採れの野菜が美味い、めちゃくちゃ安い!

しかも無農薬だったりする。

行きはお土産分を、帰りは持ち帰り分をトランクいっぱいに積みます。

水は有名な京極で羊蹄山の湧水をいただく。

小樽への道中で山中牧場のソフトクリームも忘れずに頬張る。

温泉はいくらでもあるので、困ることはない。

あぁ、天国みたいなところです・・・

Kyogoku

函館と言えば

Hasesto02

今年の帰省は津軽海峡を渡るルートにしました。

青森まで夜通し走り、津軽海峡をフェリー(爆睡)で渡ればそこは函館。

函館と言えば、我が家では『ラッキーピエロ』ですが、今年のお目当ては『ハセスト』ことハセガワストアの「やきとり弁当」。

http://www.hasesuto.co.jp/

(もちろん、今年もチャイニーズチキンバーガーいただきました)

函館市民やGLAYファンの間では有名なお店なんですね。

いちど食べてみたかったんです~

なるほど、ただの組合せ弁当なのに美味しい!

ご飯とやきとりの相性がいいんですね。

ちなみに私の経験では北海道では焼き鳥は豚肉なのがほとんどです。

ならば”焼き豚”ですが、それは違う意味になっちゃいますね。(笑)

地域それぞれの文化や言葉の違いを楽しむのも旅の醍醐味ですね。

(今、三女が”ものもらい”なのですが、嫁は”めっぱ”と呼んでいる!)

Hasesto01

全力で夏休み!

Sunflower

知らぬうちに3週間もご無沙汰しておりました。

ご心配をおかけしていましたら申し訳ありませんでした…

昨日まで帰省もかねて9日間の北海道&東北の旅をしておりました。

今年は長女が小学校最後の夏休みということもあり、楽しいだけでなくいろいろと思い出に残る旅となりました。

私も人間として成長した1週間でした。

順を追って少しずつご紹介できたらと思います。

上の写真は岩手県の東野で撮った向日葵です。

こんな風に前を見て、明るく元気よく過ごしたいものです。

見ている側の元気が出るような。

下の写真は函館近郊で撮ったお盆の紫陽花。

当たり前と決めつけない広い心を持ちたいものです。

何事にも絶対はないですもんね。

Ajisai04

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »