アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

こっちがハマった!

Piece_02

嫁さんが物置から古い木製ピースの束を取り出してきました。

使い道を忘れてしまったのですが、次女がボンドを使って段ボールにひとつひとつ並べ始めました。

創造タイムの始まりだ!

えらく集中しているので、雰囲気作りで私も何かやることに。

でも、何してよいかわからない。

大人はゼロからだとなかなか頭が働かないものですね。

結局、次女のは『91までのひょう』という理解不能の作品。

しかも途中で3つ飛ばしているし・・・(笑)

宇宙的なカオスを感じます。

私は技術者らしく、物理と化学の基本である正四面体です。

Piece_01

でも、私はここで留まれず、次女が終わってからも没頭。

気が付けば、ここまでやってました。(しかも色とか塗ってるし)

あ~、満足(笑)

Piece_03


神頼み その2

Shrine_01

最近、近くを見るのに焦点が合いません。(汗)

一応アラフォーにして、いよいよ老眼かと眼鏡屋に行ってきました。

幸い、まだ老眼とまでは言えないものの、老化の門はくぐったらしい。

少しずつではあるが確実に人生の復路を走っているのを感じます。

ついでに、近くの二荒山神社にお詣り。

ここは下野国一宮で、市名である宇都宮はこの「いちのみや」が語源とも言われています。

新年も幸が薄い今の自分にとって、神頼みしか残っていないというのはピッタリです。

まさに”人事を尽くして天命を待つ”という気分ですね。

ついでに末社のお稲荷さんにもお詣りしておきました。

斜陽に照らされた鳥居の赤が寂しげ。

御利益あるのかな?

Shrine03

Shrine02


お気にグラスで赤霧島をいただく!

Glass

久々にこどもが寝る前に帰宅です。

しかも花金。(古い?)

気分がいいので、夕食前に『赤霧島』をいただいちゃいました。

器は小樽グラス。

実は三人の娘の成長に合わせて、記念に買っています。

今日は三女の記念にこの正月に買ったバブルグラス。

底がわずかに金色に光る演出が気に入ってます。

工房はザ・グラススタジオ イン 小樽

長女・次女の記念グラスは北一硝子製です。

週末が早く始まったようでご機嫌でーす!

Glass02

気持ちよく!

Winter_sky

年末前後に仕事でいい知らせが少なく、気分は停滞ムード。

それではダメだと奮起すると、こんどはストイックな雰囲気に・・・

何かチグハグしてまとまらない。

そんな状態では何も生まれないので、カメラ片手に娘たちと冬の景色を探しに出掛けました。

近所をブラブラしただけですが、スッキリとした昼の青空とグラデーションのシルエットの夕焼けが見事でした。

明日からも状況は変わらないだろうけど、心の掃除はできたって感じです。

パワフルに、でも程よく力を抜いて臨もうと思います。

Winter_sunset

今年の決意

Kakizome

昨年に引き続き、今年も家族全員で書き初めです。

2015年の私の決意は『勇気』。

やらなきゃいけない事はわかってる、大変な事に挑んでもいる。

でも心のどこかで言い訳をして、全力でやってる振りをしている。

それじゃあ駄目だよね。

それもわかってる。

言い訳をするのは『勇気』が足りない証拠。

もっと愚直に邁進しないと。

だから、今年は『勇気』。

区切りの年になりそうな予感です。

しかし、その割にはへたくそな字です。習おうかな?

よい年を願う

Sano_02

遅い初詣、今年は佐野厄除け大師に行ってみました。

栃木人となって17年、恥ずかしながら初めてのお詣りです。

今年ここに決めたのは、2014年があまり良い年でなかったから。

特に仕事面では立て続けの受難で、強い魔除けがほしかったので。

お賽銭もバッチリはずんで魔除けも買い、おみくじは『吉』と出ました。

お香の煙もありがたくいただいたので、神頼みはこれくらいかな。

あとは、しっかり食べて体力つけて、また突き進むど~!

Sano_01

Sano_03

雪国の常識

Snow_shoes02

冬の北海道に帰った時によく買うのが”靴”です。

雪国には冬靴という言葉があるように夏と冬で靴を履きかえますよね?

宇都宮にはそういった文化がないので、北海道で仕入れるのです。

冬靴はソールが厚くてオールシーズンタイヤのようなパターンが多いですが、最近はスタッドレスタイヤっぽいのとかスパイク式も多くなってきました。

こっちでは作業用はあっても、こういったカジュアルには全くないのですごく助かります。

北海道の靴屋さんはこっちで商売したら儲かるのに・・・(笑)

Snow_shoes

再スタート

Snow

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

また新たな一年が始まりましたね。

絶え間ない時間の中で、この区切りの瞬間が好きです。

いつもと何も変わらないはずなのに、変わっている。

この雪の白さと同じように新たな気持ちになれる。

これからどんな足跡をつけようか?

どんなシュプールを描こうか?

こころ踊る再スタートの時ですね。

初仕事は・・・義父と義兄に飲み潰されました。(笑)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »