アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 飛躍の年① | トップページ | 12年前の記憶 »

イケてる小学校

World_cup

20日(金)はワールドカップ 日本対ギリシャ戦でしたね。

朝一のゲームだったので前半まで家で見て、後半は会社に行く車の中でラジオを聞いていました。

結果は残念でしたが、家に帰って聞いた話に感動しました。

長女と次女が通う小学校では一時間目は全学級が教室でワールドカップを見て応援していたと言うのです!

教室中が”ニッポン!”コール。

まさに小学生のパブリックビューイングです。

この学校は校長先生がなかなかイカす方で、お堅い教育委員会の手先ではないのがイイ感じです。

賛否は別として、チャレンジが凄いですね。

こども達の心にきっと何かが響いたと思います。

長女もサッカーにまったく興味がありませんが、この出来事にはそうとう興奮したようです。

私もこういう小学校に行きたかったなァ・・・

« 飛躍の年① | トップページ | 12年前の記憶 »

育児」カテゴリの記事

コメント

素敵な小学校ですね(゚▽゚*)

子供たちも、サッカーの試合から学んだこと

沢山あったのではないかと思います

こんばんは!
素晴らしい小学校ですね。子どもたちにとって
大切な時間でしたね。校長先生に拍手ですね。^-^

こんにちは
校長の裁量でこういうことができるのなら大いにやるべしですね。学校は知識だけ教えてもだめですよ。
ウーン。いい学校だ。

素晴らしい!
型にはめられただけの教育ではなく本当の意味で子供たちの心を育てる事が出来ると思います。
私も4年前の冬季オリンピックの女子フィギュアスケート、真央ちゃんとキムヨナの演技を仕事先の社長の配慮で自宅を開放していただき従業員の皆で一緒にテレビを見て応援した事を今でも忘れません。

校長先生に拍手です。

世界一流選手達の頑張りは、
才能ある人たちの究極の努力です。
人間の躍動の美しさを感じます。

それでも結果としての勝ち負けはあります。
子供たちには、勝利の喜びだけでなく、
敗者の苦さと潔さも学んでほしいです。

お子様たちは、良い学校に進まれてよかったですね。


みなこっちさん

コメントありがとうございます。
そうですね、わずかえすが団結したり自国を意識するきっかけになったみたいです。
またこういう機会があるといいですね。


happymaronさん

コメントありがとうございます。
本当に校長先生には感謝ですね。
いつも頼りになる人です。


旅の駱駝さん

コメントありがとうございます。
まったく同感です。
校長先生も大変だと思いますが、父兄の後押しも必要ですね。


うーたmamaさん

コメントありがとうございます。
やっぱり感動を目の当たりにする機会は限られているので、大事にしたいですね。
校長先生の覚悟が感じられます。


ananさん

コメントありがとうございます。
まさにおっしゃる通りですね。
こども達は想像以上にいろいろな刺激を受けたと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イケてる小学校:

« 飛躍の年① | トップページ | 12年前の記憶 »