アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

イチゴの収穫

Strawberry

5月も下旬にさしかかり、畑もだいぶ賑やかになってきました。

その傍らで完全に野生化した(放っておかれた)イチゴがたくさん実をつけていました。

すごい生命力にビックリです。

こども達も喜んで食べていたので、来年からはキチンと育てようかな?

運動会 2013

Undokai

今日は長女の運動会でした。

天気も気温もちょうどよい絶好の運動会日和でした。

もちろん家族総出で応援です。

4年生ともなると身体能力に明確な差が出てきますね。

長女はあまりセンスがなく、かけっこは特に苦手です。

開会式が終わってすぐの種目だったので、さぞかし嫌だったでしょうね。

結果は・・・です。

でも、その他の種目は楽しそうにやっていたのでホッとしました。

いっぽうで一年生の玉入れでは、なんだかミニチュアみたいな子どもが動いていて、それを見ると「ああ、ウチの娘も大きくなったんだなぁ」なんて思ってしまいます。

来年は次女がこの場にいる事になります。

かけっこが得意な彼女が、きっと姉の仇を取ってくれるハズ!

ハトの巣

Hato

裏のお爺さんとお話していたら、『お宅に鳩が巣作ったでしょ?』って。

よく見ると玄関わきのモミジの木に枯れ枝で作った巣があってハトが座っています。

ずっとこうしているので、きっと卵を抱いているのでしょう。

さっそく家族やご近所さんに知らせて、ちょっとした”ハトを守る会”的な井戸端会議が。

こども達も大喜びで、何かと様子を見に行っています。

去年はお隣さんのウチに巣を作っていましたが、ネコに襲われたみたいで、引っ越してきたのかな?

人間を怖がる様子は特にないですが、暖かく見守ってやろうねと家族会議で決めました。

これからが楽しみです!

初夏の風景

Himeutsugi

母の日の今日は25℃越えの夏日でした。

庭の満開のヒメウツギが見事で、一枚撮ってみました。

天気も陽気もいいので、ちょっと先の買い物にも娘たちを連れて歩いてみました。

途中、長女が発見したこのコミカルな草は何?

まるでミノムシの大群のようです。

ママへの母の日プレゼントは長女のお見立てでケイトウの苗にしました。

Summer

Keitou

宇都宮ギョウザ強化週間

Minmin_01

今週月曜日にたらふく食べたハズですが、今日もギョウザ!

今日は『みんみん』でぃッ!

あ~腹いっぱい~

Minmin_02

餃子日本一は宇都宮か?

Gyoza

GW最終日、北海道から帰宅した日の夕食は満場一致で『餃子』!

もはや我が家は立派過ぎる宇都宮人です。(笑)

なぜか『餃子の王将』の冷凍餃子が5人前あったので、宇都宮代表の対抗馬?として『正嗣』を6人前買ってきました。

どちらも生餃子で焼くのは嫁さんなので、焼きかたの違いはナシ。

単純に味勝負です。

で、軍配はこれまた満場一致で『正嗣』、東西対決は地元宇都宮の勝利と相成りました~。

やっぱり素材の味が違いますね。

『王将』も美味しいのですが、餃子自体の味付けが強くて、タレが酢が中心の宇都宮ではシンプルな味付けのほうが有利かもしれません。

ちなみに最近餃子日本一を獲得している浜松市と比べると、圧倒的に宇都宮が優位かと思います。

価格は半分、人口も半分の宇都宮と年間消費額で比べられてもねぇ。

浜松生まれの私が言うのだから、ある程度フェアかと。

三陸沖の日の出

Sunrise_01

今回の北海道旅行は必ずしも天気に恵まれたわけではありませんでしたが、往復のフェリーで見た朝陽はなかなか見事でした。

上の写真は5月3日、下の写真は5月6日の日の出です。

ほぼ同じ場所の日の出でもずいぶん印象が変わるのですね。

眠い目をこすって早起きした甲斐がありました。(笑)

ところでこういう感動って女性はあまり興味ないんですかね?

私の経験では圧倒的に男性受けがよく、これを撮影した時の甲板にはやはり男性の姿がほとんどでした・・・

 

ちなみに今回使った商船三井フェリー(さんふらわあ)はけっこう便利な事がわかりました。

新潟発の新日本海フェリーと比較すると料金は高いものの、こどもの割引キャンペーンやこどもの日プレゼント、船内の船長コスプレ撮影などいろいろ力を入れています。

また、北関東道の開通のおかげで宇都宮からのアクセスが1時間以内になったこと、ダイヤが前日発に便利な事もポイントが高いです。

次回からはこっちを利用しようかな?

Sunrise_02

ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭

Yugokoro

北海道といえば温泉、ということで今日も行ってきました。

今回はニセコアンヌプリ温泉の湯心亭です。

昆布温泉や鯉川温泉のすぐ近く、ニセコの中腹にあります。

今までノーマークだったんですが、なかなかいい湯でした。

直上のポンプ室から直接引いた湯は、まぎれもなく掛け流し。

設備のひとつひとつは少々疲れていますが、不満というレベルではないし、露天風呂は見事です。

今回は雪見風呂で特に気持ちよくいただきました。

入浴料が700円とチョイと高いので、安くなればGOODですね。

2013 GW ⑥

Otaru

GW後半戦は北海道への帰省です。

学校の授業が終わってそのまま大洗に向かい、フェリー「さんふらわあ」に乗って苫小牧に向かいます。

陸送も楽しいですが、やっぱりフェリーは楽!

ゴロゴロしているうちに人と車を運んでくれる便利な乗り物です。

値段も高いですが、ガソリン代と高速代とホテル代と時間を考えると割安だとも考えられますね。

  

で、無事上陸したのですが、寒い!

二十数年ぶり?に雪が降ってます!

気温も信じられないくらい低くて、小樽は4℃!

天狗山は5月なのに雪だらけで、桜が咲く気配はまったくありません。

う~ん、どうなってるの?

Otaru_02

子連れに優しい店

Mirano_pasta

昨日のランチは5歳の次女と3歳の三女を連れて、近所のイタリアン『ミラノ食堂 下栗店』へ行ってきました。

子連れの、特にランチで困るのは、セットメニュー。

こどもは量はそれほど食べないので、人数にカウントされると困ってしまいますよね?

でもこのお店はとても気が利いていました。

ランチはセットメニューにピザとサラダのバイキングが含まれていて、注文する前から店員さんが娘たちに盛り合わせを持ってきてくれました。

こっちはおとな一人分しか注文しないというのに、迷惑がることもなく。

こういうお店に出会うと心が晴々します。

気持ちがいいので、こども達のドリンクをつけてしまいました。

子連れにはオススメのお店です。

こんな風にお店とお客がWin-Winの関係になれるといいですね~

3013 GW その⑤

Tentoumushi

いよいよGWも折り返し地点です。(今年は10連休なのダ)

今日は長女は学校で嫁さんは仕事。

私の仕事は次女と三女と留守番という、ある意味もっともハードルの高いケースです。(笑)

チビッコの喜ぶスポットといえば、公園。

家の近くの公園を3つもハシゴして、ブランコを後ろから押し、お花摘みでは花輪を作りとそれなりに頑張りました。

花摘みの楽しさは、男にはまったく理解できない作業ですね・・・

でもこういう春らしい風景ってそれほど長くないので貴重な体験かも。

近所の麦畑の緑の気持ちよさも歩かないと分からないよね。

唯一の難点は、写真を撮っていると必ず娘がどこかへ行ってしまうという気忙しさですね・・・(汗)

Wheat

2013 GW その④

Tobiyama_01

GWも前半戦が終わって、長女は学校に出掛けて行きました。

でも次女と三女はお休みなので、あまり状況は変わっていない、というか面倒くさいのだけが残っています。(笑)

この日は前日までスケートに行く事になっていたんですが、当日になってこども達のテンションが急変してボツに。

まったく???な思考回路にうんざりです・・・

じゃあどうしようか?と言うと、『公園がいい』というので、我が家のイチオシ飛山城史跡公園へ行ってみました。

ここはナラやクヌギ、クリの雑木林になっていて、そこらじゅうのドングリから芽が出ていました。

森特有の柔らかな日射しと湿った冷たい空気、新緑に囲まれながら時おり聞こえるアカゲラが木をたたく音、誰もいないこんな空間が贅沢に思えます。

こども達も花摘み、カエル捕りで満喫できたようです。

Tobiyama_02

Tobiyama_03

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »