アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

1ヶ月前のクリスマス

Christmas_tree_03

11月も終わりに近づき、年末モードになってきました。

我が家ではクリスマスの1ヶ月くらい前になると、ツリーを出したり、庭に電飾を付けたりします。

と言っても、やるのは全部パパですが・・・

今年はこども達と一緒にツリーの飾り付けをやりましたが、けっこう盛り上がりました。

次女など気分が高揚して舞い上がってました。(笑)

来年も家族でやりたいですね。

来週くらいからご近所さんも飾り始めて、家の前の通りが光でいっぱいになるのが楽しみです。

Christmas_tree_04

干し柿に挑戦

Kaki


今年は嫁さんが初めて干し柿に挑戦しました。

甘柿が苦手な私も、渋柿の干し柿は大好きです。

こども達も心待ちにしています。

果たしてうまくできるかな?

神山温泉

Miyama_onsen_03

日光で遊んだあとは、もちろん温泉。

密かに人気のある『神山温泉』に行ってみました。

偶然にも前夜にテレビ番組”ネプの超法則!!”で紹介されていたので、『ひょっとして、混んでるかナ~』なんて思いましたが、日光地区の中でも裏手にあるためか、お客さんはほとんどいませんでした。

お風呂は内風呂と露天風呂があります。

露天風呂は川辺にあり景色はダイナミック、すべて丸太造りで迫力があります。

お湯は無色透明で特にこれといった特徴はなさそうですが、100%掛け流しだそうです。

残念なのは内風呂と露天風呂が別料金だという事かな。

お湯がぬるめなので、冬は景色を楽しむ以外は内風呂ですね。

日光地区では一番のオススメの湯です。

Miyama_onsen_01

日光だいや川公園

Daiyagawakoen01

七五三で疲れてしまったこども達の気晴らしに公園へ。

大谷川の川沿いにある『日光だいや川公園』に行ってみました。

ここは雑木林がたくさん残っていて、黄色系の紅葉が秋の夕陽に照らされて、とても素敵な風景となっていました。

こども達の遊具もそこそこあるのと、落ち葉のじゅうたんも好評です。

ただ本当は長いローラー滑り台を求めて来たのですが、お隣の『日光運動公園』と間違えていました。

こども達が気が付いていないから、いいか。

Daiyagawakoen02

行幸地下ギャラリー

Tokyo_station_03_2

丸の内口の地下に行幸地下ギャラリーなるものを発見。

この日は『AP通信が捉えた世界 AP CAPTURES THE WORLD』なる写真イベントをやっていました。

どれも素晴らしい作品で、ついつい見入ってしまいました。

何をどうしたら、こんな写真が撮れるんですかね?

ただただ感動するばかりです。

こんなスペースが通勤路にあるなんて、やっぱ東京はスゴイわ!

Tokyo_station_04



日光東照宮で七五三 2012

Toshogu_01

今年は三女が3歳で、いちおう七五三をやろうかと。

でも予算が厳しいので今日は東照宮にお参りだけ。

日光の紅葉はもう終わりかけで、残るはヤマモミジだけって感じですが、路肩や池に落ちた枯れ葉もまたいいものです。

旬の季節は過ぎても、おおぜいの外国人で賑わう日光二社一寺はやはり雰囲気がありますね。

拝観料がもったいないので、表門の前で全員でおみくじをして、三女の七五三は終わったとさ。

うぅ・・・、ごめんよ三女。

ちなみにパパは大吉でした。

Toshogu_03

クリスマスツリー

Christmas_tree

東京駅で新幹線に乗り換えるついでに丸ビルに寄ってみました。

ロビーには早くもクリスマスツリーが飾られていました。

まだ少し早い気もしますが、こうやって年の瀬がじわじわと近づいて来て、一年の締めくくりという独特の雰囲気になるんですね。

来年をどんな年にするか、そろそろ考えようと思ったひと時でした。

Christmas_tree_02

えぞ菊

Ezogiku_01

今日は午前中が東京への出張、今週は休みなしです・・・

午後から別件があるのでとんぼ返りですが、寄り道せずとも食事くらいは楽しみたい。

そこで早稲田通りと明治通りの交差点近くにあるラーメン屋『えぞ菊』を訪れることに。

むかし東京に住んでいた頃に何度か味わった店です。

かれこれ20年前の話です。

学生街らしく、たっぷりのモヤシと濃い目のスープ。

「あぁ・・・この味だ」

と、ちょっとノスタルジックなセリフを吐きたいところでしたが、悲しいことに私の舌は何も覚えていませんでした。(笑)

でもまぁ、美味しかったです。

また20年したら、来たいと思います。

Ezogiku_02

福井県名物?ソースかつ丼

Ogawaya_01

福井県を訪れたのは初めてなので、記念にご当地グルメを食したい。

でも時間と情報がない。

福井駅前からふと見渡すと、”福井県名物ソースかつ丼”の文字が!

近寄って写真を見ると、何やら異様なカツ丼(?)が。

怪しい・・・

でもこれがカツ丼だとすると、480円はすごく安い。

で食べてみました。

福井県の皆さん、これが名物だとすると少々悲しいですぞ。

でもやっぱり値段は凄い。

吉祥寺にも進出しているというので、世の裁きを待つとしましょう。

Ogawaya_02

紅葉の永平寺へ

Eiheiji_00_3

日曜日から出張で福井に行ってきました。

少し頑張って、曹洞宗の総本山 永平寺に足をのばしてみました。

ちょうど紅葉と相まって、とても幻想的な景色でした。

秋の陽ざしも全体にやわらかな雰囲気を演出していた感じです。

どこかのジジババ団体様に付いている若坊主の話を盗み聞きして、また少しお利口になれた気がします(笑)

しかし、寺好きでもないのに何でここに来たんだろう?

Eiheiji_03_2

Eiheiji_05_3

ドクターヘリ

Doctor_heli

紅葉見物に独協医大を訪れた際、ドクターヘリに遭遇しました。

栃木に来る前は遠い存在でしたが、ここでは緊急時や僻地との交通として日常的に活躍しています。

栃木県全域を離陸から20分以内で急行するというから凄い威力です。

娘の出産のときも病棟の目の前に着陸し搬送する様は圧巻でした。

医療機関の少ない地方では欠かせない存在ですね。

ぐんまこどもの国

Photo

久々に会社をお休みして、次女と三女の親子遠足に参加しました。

行き先は群馬県太田市にある『ぐんまこどもの国』。

北関東道の太田桐生IC近くにある、とても大きな公園です。

ママは三女、パパは次女の担当で活動開始。

到着するなり園児たちは公園に散り、思い思いに遊びまくっています。

それからお弁当を食べて一服すると思ったら、午後から向こうに見える山に登るというからオドロキ!

5歳児たちには厳しそうだからすぐ帰ってくると思ったら大間違い。

大人よりも早くドンドン登っていき、山頂まで行ってしまいました。

聞けば、日頃からもっと険しい山に登っているそうな。

こりゃ、パパが体力面で抜かれるのは時間の問題ですな。

帰りのバスはとうぜん爆睡、こども達はずっと歌っていました・・・

銀杏並木の紅葉

Icho

壬生町にある独協医科大学病院の銀杏並木が見頃でした。

次女と三女が生まれた病院でもあります。

ここの紅葉はいつ見ても見事です。

これを見ると、平地の広葉樹が色付き始めます。

平日はまったく人がいないので、穴場だと思います。

ただギンナンの匂いが強烈なのは覚悟が必要かな。(笑)

Icho_02

秋といえばコスモス

Green_park_02

今年はコスモスを見に行くのをすっかり忘れていました。

娘たちの熱も下がったので、コスモスの名所の定番である『鬼怒グリーンパーク』に行ってみました。

もう11月なのでさすがにコスモスは終盤でどの花も疲れ気味でしたが、清々しい秋空の下なかなか見応えのある景色でした。

コスモスは終わりでもこの時期は夕日が綺麗で、公園の池に映る夕陽がいい雰囲気を出していました。

こども達はそんな事などどうでもよく、レンタサイクルとインラインスケートに汗を流していました。

私は嫁さんとやったバドミントンで、明日から再び筋肉痛でしょう。(笑)

Green_park Green_park_03_2


八幡山公園

Utsunomiya_tower

次女が公園に行きたいというので、ドライブがてらに宇都宮タワーの近くにある八幡山公園に行ってきました。

ちょっと出発が遅かったようで、着いた頃には日没寸前でした。

それでも次女はロング滑り台や吊り橋にそれなりに楽しんだようです。

彼女とふたりというパターンはなかなかないのでパパも楽しめました。

こんどはみんなでゆっくりと来たいところです。

夕暮れのタワーがなかなかの雰囲気でした。

FREED

Freed

今日は新しい車の納車日でした。

唯一げんきな次女を連れてディーラーへ。

14万kmで引退するフィットの後継ぎはホンダ フリード。

もちろん中古車です。

早く長女と三女も乗せてやりたいです。

熱が下がったら、宇都宮餃子祭りにでも連れてってやりたいな。

明日がいい日になりますように。

高熱の秋

Momiji02


長女につづき三女も39℃の高熱でダウンです。(悲)

三女は痙攣重積の持病があり、ほかの二人よりも緊張感が高まります。

そんなワケで、生き残りは例によって次女のみ。

熱も出ないしインフルにもかからないのは、パパと同じ。

二人ともアトピー体質なので、何か関係があるのかな~

今日の新しい車の納車は次女と二人で行くしかないな。(寂)

秋の夕焼け

Sunset

長女が学校で熱を出し、先生からの電話で急きょ会社を早退です。

久々に明るいうちに家路についた時が、ちょうど日没直後。

真っ青な東の空に対して、燃えるようなオレンジの西の空。

吸い込まれるくらい透き通った空は感動するくらい綺麗ですが、やっぱり秋の空はどこか寂しげです。

長女の知らせと重なって、なんとなくブルーな帰り道でした。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »