アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

蘭越町ふるさとの丘リンリン公園キャンプ場

Ooruriboshiyanma


夏休み4日目は函館から北上の旅です。

長時間のドライブにこども達が退屈しないよう、所々で公園を探します。

蘭越の道の駅『らんこし・ふるさとの丘』に立ち寄ったとき、裏手に『蘭越町ふるさとの丘リンリン公園キャンプ場』を発見、何気なく寄ってみました。

林を抜けるとちょっとした広場と池と数件のバンガローがある小さなキャンプ場があります。

名前の割には特に飾った様子もなく、人はまばらです。

でもここでサプライズ!

池にはオオルリボシヤンマ、ナラの木にはミヤマクワガタ、アオダイショウまでいます。

その他にもたくさんの昆虫たちでいっぱいです。

こども達もおとなも虫取りに没頭してしまいました。

特に虫にハマっている次女はミヤマクワガタを3匹も捕まえて大興奮です。

ほんの少しだけ立ち寄るつもりが2時間も過ごしてしまったくらい。

道南はキャンプ場が少なくて困っていたので、来年はぜひこのキャンプ場に泊まりたいと思います。

大船温泉上の湯 南かやべ保養センター

Photo


夏休み3日目は函館へ。

青函フェリーに乗るのに車検証を忘れたり、バッテリーがあがったりと小さなトラブルはありましたが、無事到着。

ラッキーピエロ人見店でチャイニーズチキンバーガーを頬張り、向かう温泉は大船温泉です。

立ち寄った湯は南かやべ保養センター。

函館から車で1時間ほどの山あいにある施設です。

ここはなかなか素晴らしいお湯との出会いでした。

内湯と露天で泉質が違うようで、特に露天は乳白色の硫黄泉。

おそらくかけ流しだと思います。

施設も充実していて快適です。

山奥の公営施設なのであまり期待していなかったのですが、行ってみて超満足!オススメです。

宇都宮市 冒険活動センター

Semi

こども達の夏休みも残りわずか。

この時期のメインイベントはやっぱり宿題でしょう!

自分が子供の時は、”怒られればいい”という究極の割りきりでひとつもやらなかった記憶があります。

おかげで母親が何度呼び出されたことか。

そういう点では、我が娘たちは出来過ぎです。(笑)

今日は長女の宿題につきあって、篠井にある冒険活動センターという施設に行ってきました。

オニヤンマが飛び交う自然豊かな所で、宿泊施設やイベント施設もあり、なかなかよい所だと思います。

施設の職員もよくある役人ではなく、まさしく”自然のヒト”って感じで好感が持てました。

もっとこういう施設が宣伝されればいいのに、納税者が知らないというはどういうことか?

来年の夏の虫取りはここもいいかもしれませんね。

Photo

プチトマト(petit tomato)

Petit_tomato_02_3


今回のパン屋巡りは西口の大通りにある『プチトマト』。

朝からやっている数少ないお店のひとつです。

ここの特徴はずばり安い!ということ。

上の写真(7点)で781円。

味ももちろん素晴らしいです。

店は小さいですが、お客さんもひっきりなしに入っていました。

老舗っぽくて、なかなか味のあるお店です。

朝食にパンをお考えの時はぜひお試しを!

HP→http://petit-tomato.co.jp/

食べログ→http://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9000317/

Petit_tomato_2

玉川温泉

Tamagawaonsen_02

東北第2弾は玉川温泉です。

前回は嫁さんのお腹に長女がいたので、実に9年ぶりです。

湯治場として有名で、ある意味日本一有名な温泉とも言えるでしょう。

酸性度(Ph)は1.0の強酸性で、傷があると猛烈な痛みに襲われます。

なので100%源泉の他、50%希釈や低濃度に薄められた湯もあります。

子供は粘膜が弱いので、連れていく前によく考えたほうがいいでしょう。

(9年前の嫁さんは妊婦なのに100%に入っていた・・・)

効能は素晴らしく、体中の悪玉菌があっという間に死滅しますが、逆に体を傷めることにもなるので皮膚に疾患のある方は注意が必要です。

9年前に来た時は100%源泉でアトピーの炎症が悪化(火傷)してしまいました。

さらにここはラジウムを放出していて、癌患者の方をはじめとして岩盤浴が有名です。

あまりに強力な温泉で気軽に入るのは危険なので、体験するだけなら隣の新玉川温泉がいいでしょう。

Tamagawaonsen

乳頭温泉 鶴の湯

Tsurunoyu_03


温泉巡り第一弾は乳頭温泉の鶴の湯です。

大人気の温泉で、山奥にもかかわらず駐車場はいっぱい。

ここは東北ではよく見る湯治場になっていて、いかにも体に良さそうな温泉です。

露天は広く開放的で、乳白色お湯が見た目にも気持ちいい。

露天は男女別々にあるので女性も安心です。

泉温も熱過ぎず、三女でも入れました。

むかし行った黒湯もよかったですが、ここもステキですね。

また訪れたい温泉です。

Tsurunoyu

東北道名物 超!渋滞

Jam


夏休みは気合いを入れて朝6:00出発でした。

それでも渋滞には巻き込まれます。

出発早々、福島県に入ったところでこの表示。

”渋滞70㌔”ってアナタ、どんな長さよ?

おかげで田沢湖までの400kmを走るのに14時間もかかったですよ。

それからキャンプなどする気もなく、この日は買い食いでした。

家族もぐったりです。

来年からは夜間走行が無難ですね・・・

夏の栃木

Tochigi


お盆休みを使って北海道に行ってきました。

例年どおり向こうは朝晩は寒いくらいで、快適な時間を過ごせました。

そして覚悟はしていましたが、やはり栃木は暑い。

暑過ぎます。

いきなり10℃アップは体調を崩しそうです。

でも、昼間からタラタラ汗を流してフウフウ言っているのも、栃木らしくて何故かいいもんです。

そりゃあ、北海道のほうがいいですけどね(笑)

Formula Nippon

Formula_nippon


今日はフォーミュラニッポン第5戦の応援にTRMに行ってきました。

猛烈な日差しと照り返しでドライバーには過酷な決勝となりました。

応援するのは”DOCOMO TEAM DANDELION RACING”。

5番手スタートの塚越広大選手がスーパーダッシュで盛り上がりましたが、その後はほとんど動きがなくDOCOMOチームは塚越選手が4位で最終ラップへ。

ところがここで大事件!

TEAM IMPULの松田選手が突然スローダウン。

結局、塚越選手がパスして3位表彰台をゲット。

我々応援団としては出来過ぎた結末でしたが、おかげで気分よく家路につくことができました。

久々にフォーミュラレースを見に来ましたが、レースクイーンやメディアが凄くて、まさしく祭典って印象でした。

やっぱ、レースはいいですね!

Formula_nippon_02

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »