アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

イチゴの収穫時期に異変?

Strawberry


庭の片隅にあるプランターにイチゴの実を発見!

去年は震災の影響が心配で収穫しないまま、放っておいた株です。

1年間まったく手入れしなかったのに、甘い実をつけてくれました。

それにしてももう5月末だというのに、収穫が遅くないだろうか?

いつもはGW頃には収穫だった気がするが・・・

いずれにしても来年はシッカリ育ててやることにしよう。

春の運動会

Undokai


今日は長女の運動会でした。

今年はピーカンの運動会日和で、ママの手弁当も気合いが入ります。

パパは三日連続飲み会でも朝6時前に場所取りに出掛けます。

そしてそして、主役の長女は障害物競走で入学以来の2位入賞

『もう人生どうでもいいッ!』って言うくらい嬉しかったようです(笑)

家に帰ってからも、ずうっとはしゃぎまくりの長女でした。

今日はいい夢見れそうだね。

金環日食

Photo_2


今日は金環日食の日。

宇都宮は快晴、神秘的な日食がバッチリ見れました!ラッキー!

太陽と月と地球が一直線というフレーズがいいですねぇ。

早めに登校した長女を除く家族4人で天体観測。

ご近所さんも出てきて、ちょっとした宴会気分。

次の日食は350年後と言うから、本当にラッキーでしたね。

日食カレンダー②

明日はいよいよ金環日食。

長女の小学校はいつもより50分も早い6:35出発!

いくらなんでも早過ぎっ!

で、お天気も心配なので、次の日食はいつなのか調べてみました。

日食カレンダー以外にも色々情報が合って興味深いです。

お試しあれ!

http://homepage2.nifty.com/turupura/nissyoku/future/world.html

http://homepage2.nifty.com/turupura/index.htm

新橋

Shinbashi


仕事で久々に東京へ。

通り過ぎるばかりで東京に降り立つのは数年振りです。

昔は住んでいたこともあるこの街にも、今は緊張気味です。

途中、乗換え駅の新橋で降りてみました。

広場にあるSLを見て嬉しくなり、ごった返すスーツ軍団の中でパチリ。

まるでお上りさん。

俺ももはや立派な田舎者になれたのね!

やっぱ東京は苦手だわ。

ブリュッセル(ベルギー)

Brussels


フランクフルトからブリュッセルに移動です。

到着は21:00ちかく、急いで食事に繰り出します。

滞在時間が24時間もないので、食事も超特急で楽しみます。

駆け足で町を横切り、市庁舎、小便小僧を眺めます。

世界三大ガッカリの名のとおり、本当にがっかりできて本望です。

食事はもちろんムール貝!

そしてベルギービール!

これでいちおうブリュッセルに行ったことにはなったかな?

Brussels_02

ルクセンブルク(ルクセンブルク大公国)

Luxemburg


トリーアを出発するとすぐに国境を越え、ルクセンブルクへ到着。

ここはとても小さい国で都市と国の区別がつかないほどです。

ルクセンブルクという名も都市名でもあり、国名でもあるのです。

雰囲気はドイツとはかなり違う事に気がつきます。

公用語がドイツ語、フランス語、ルクセンブルク語とあるように、ベネルクスやフランスの影響が濃い地域のようです。

町は自然の地形を利用した天然の要塞になっていて、世界遺産に指定されています。

断崖と坂と運河を歩いて回るのがオススメです。

こんな小さな国が独立して存在する事は驚きですが、金融や物流の世界では世界有数の要所であるのはさらに驚きです。

今回はランチと散歩をしに来ただけだったので、ぜひもう一度訪れてみたいものです。

Luxemburg_02

清原工業団地1号緑地(消防車の公園)

Park


清原工業団地の南端に大きな公園というか広場があります。

宇都宮東消防署清原分署と同じ敷地です。

長女が通っていた保育園の近くにあり、名称は清原工業団地1号緑地というらしいのですが、みんな『消防車の公園』と呼んでいました。

遊具はないですが、それ以外は何でもできる穴場です。

今回はのびる摘み、タンポポ摘み、鬼ごっこ、リレーをして遊びました。

消防車はいつも見れて男の子にはもってこいですね。

トリーア(ドイツ)

Trier


休日の2日目は西に車を走らせてルクセンブルクへ。

その途中に立ち寄った町がトリーア。

モーゼル川沿いのドイツ西部の国境に近い町です。

この街の歴史は古く、古代ローマ時代の建造物が数多く存在しており、世界遺産に指定されています。

中でもポルタ・ニグラと呼ばれる城門やトリーア大聖堂が有名なようです。

ポルタ・ニグラは2世紀の建造というとおり、かなりの年季です。

また、カール・マルクスの出身地でもあるそうです。

歴史ある町ですがドイツのメインルートから少し外れるので、立ち寄るならルクセンブルクとセットがよいかと思います。

Trier_02


井頭公園

Igashira_02

長女の保育園時代の友達家族と井頭公園に行ってみました。

相変わらず新緑が見事な公園で、発芽ドングリもたくさん手に入りました。

今年は足尾の緑化活動に参加できるといいなと思っています。

今日は行ったことがなかった『花ちょう遊館』という施設を訪れました。

中は温室になっていて、熱帯の鳥やチョウが放し飼いになっています。

特にチョウは娘たちにばかり、どんどん群がってきてビックリしました。

どうやら日焼け止めに反応していたようなので、チョウ尽くしになりたい方は参考にしてください(笑)

大人400円、小人200円とボリュームの割には値が張りますが、小学生以下なら一度は連れて行く価値があるかと思いますよ。

Igashira_03

心を新たに

Rain_02


5月1日はアイルトン・セナの命日でした。

新緑の勢いも借りて、また新たな気持ちで出発です。

ドイツでバイツェンをいただく

Beer


海外出張で海外気分が味わえるのは、食事くらい。

だから必ず食事は最優先に考えます。

ドイツといえばビール、ビールといえばドイツでしょう。

そしてドイツのビールといえば、ヴァイスビア(weißbier)と呼ばれる白ビールが代表的。

よく聞くヴァイツェンも同じまたは近い意味のようです。

製造工程でのろ過工程の有無により、透明なクリスタルヴァイツェンと濁りのあるヘーフェーヴァイツェンに分かれます。

さらにドゥンケルヴァイツェンという黒ビールに似たビールもあり、個人的にはこれが好きですね。

比較的日本のビールに近いクリスタルからヘーフェー、ドゥンケルというコースが良いとは思いますが、料理の量が多い国なのでクリスタルは省略しないとお腹いっぱいになってしまうかもしれません。

フランクフルトで王道のビールを飲むならばPAULANER、通としてならフランクフルトオリジナルであるBINDINGの直営店かな?

といっても駐在したわけではないので、あくまで観光客レベルです。

雨上がりの五月

Gw


GWを台無しにした大雨が午後からピタリと止みました。

春は花粉やら黄砂やら埃が多いので雨上がりの清々しさが好きです。

我が家の近所ではさっそく田植えが再開されていました。

一本一本手植えするおばちゃんの姿が五月晴れに映えます。

フィギュアスケートに憧れて

Skate_03


関東は大雨。せっかくのGWがもったいない。

というわけで長女を連れて宇都宮スケートセンターへ。

(次女は雨恐怖症で外出できず・・・)

運動音痴の長女が興味を示す数少ないスポーツなのです。

興味というのはスゴイもので、いつの間にか片足滑走や小回りターンが出来るようになっていました!

もともと根性がある子ですが、これにはビックリしました。

今夜はここで宇都宮フィギュアクラブのアイスショーがあるそう。

そういえばスケートを始めた2年前もこの日だったっけ。

フィギュアが大好きな長女を誘いましたが、天邪鬼が邪魔して帰宅。

入会したいのに内気で言えない長女に同情しちゃうパパです。

そばかす

Candycandy


『そばかす なんて 気にしないわ~♪鼻ぺちゃ だって・・・』

嫁さんが鼻歌を歌う。

「そばかすって何?蕎麦のカス?」と長女が聞く。

調べてみると、蕎麦殻と良く似ているので本当にそうらしい。

ついでに蕎麦滓ではなく、雀斑と書くらしい。

ふふふ、また賢くなってしまった。

ローテンブルク・オプ・デア・タウバー

Rothenburg


休日を利用してフランクフルトから車を走らせバイエルン州にある城塞都市、ローテンブルクに行ってきました。

ドイツでは定番の観光地で、私自身も今回で3回目です。

そしてマルクトプラッツに面した市庁舎の塔に登ることもまた定番であったりします。

もちろん正しい観光客として3回目の塔登りも敢行。

相変わらず美しい三角屋根と赤い屋根瓦の景色を楽しみました。

Rothenburg_02

グラーツ(オーストリア)

Graz


もう何度もこの街を訪れた筈ですが、空が明るい時間に見るのは今回が初めてでした。

歴史ある街並みはじゅうぶん過ぎる趣を表現していて、街そのものが世界遺産に登録されている程です。

いつか夕暮れのシュロスベルク城に登って、旧市街の街並みを見渡してみたい。

そういう時が来るといいなぁ。

(今回も滞在時間は30時間足らずだった・・・)

美味しい野菜が採れる土を作る!

Ph


ウチの畑も6年目に入り、土が疲れてきたようです。

肥料は与えているものの、作物によっては発芽が良くありません。

美味しい野菜を作るには土が命、酸性の土は論外です。

そこで今年の秘密兵器がコレ、pH計(土壌酸度計)です!

3000円足らずのお値段で畑の酸性度と水分が測れてしまうのです。

前々から欲しいと思っていて、ついに買ってしまいました。

明日からアルカリ性の土を作るぞぉ~

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »