アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

フレッシュベーカリー ニコル

Nicole_02

 秋分の日の今日は、久々に娘たちと休日が同じ貴重な時間。朝8:00からリフレッシュした宇都宮ゴールドレーンで早朝ボーリング。娘2人と3人で2ゲームずつ楽しんで400円はやっぱりすごくオトク!

 ボーリングを楽しんだ後はパン屋巡り。今日は泉が丘にある『ニコル』。ここは外観も内装も少し疲れていて、店の作りも厨房が丸見えで、老舗と言う感じです。でも清潔感がないというわけではなく、いい意味で家庭的というか庶民的って感じですかね?

 値段はお手頃で相場に対しては安いほうではないでしょうか?今回もクロワッサンを買ってみました。全体としてソフトな感触で砂糖の甘さはほとんどなく、とても純粋な味でした。家からも近いので、また来ようと思います。

住所:宇都宮市泉が丘1-17-18
開店:9:00とありますが、9:00から焼きあがり順に陳列するようです

Nicole

カート de 井頭モーターパーク

Porsche_2 

 久々にレーシングカートで遊んできました。場所は井頭モーターパーク。50ccのレンタルカートですが、私には十分です。

 昨日の台風一過で青空のもと、やっぱり楽しいねー。サーキットもいいけど、感性を磨くためにカートもいいですね。近いし。

松川地熱発電所

Photo

 八幡平を訪れた時に松川温泉の近くに『松川地熱発電所』の看板を発見、面白そうなので立ち寄ってみました。

 森の中の細い道を進んでいくと、山の谷間に突如として巨大な炉のような建物が見えてきます。上部からは蒸気の煙がもくもくと上がっていました。写真ではあまり感じませんが、大きさも想像以上で、所々から立ちあがる蒸気も手伝って、なかなかのスケールです。案内板によると日本で初めての地熱発電所だそうです。

 そのほかは小さな資料館が併設されている以外見どころはありませんが、脱原発の風潮が高まる中で、一見の価値はあると思いますよ。

Penny Lane

Penny_lane

 美味しいラーメンをいただいた帰りに宇都宮環状線の雨情陸橋のすぐ近くにあるベーカリー『ペニー・レイン』に寄ってみました。

 すごく立派でお洒落なのは外観だけでなく店内も大人な雰囲気で、流れている曲はやっぱりビートルズ。カフェも併設されていて、午後のひと時を楽しむ宇都宮マダム(?)であふれていました。

 試しにクロワッサンをひとつ買ってみました。砂糖がおさえられていて、なるほど味も大人ですね。けっこう気に入りました。

 HPを見ると本店は那須で、ここ鶴田店は7月にオープンしたばかりのようです。岡本店もあるようなので、今後も立ち寄ってみたいと思います。

HP:http://imagine.nasunogahara.co.jp/

和の中

01

 今日は子供たちが全員いないので、嫁さんと久々にランチデートです。行き先はラーメン屋。今回のターゲットは宇都宮市の中心街からは少々離れた駒生(こまにゅう)にある中華料理店『和の中』です。

 最初はラーメン屋だと思って行ったのですが、実際は和風中華料理屋という感じでした。古民家を改装した建物、中国から輸入したと思われる雑貨類、店内を流れる音楽はジャズといった感じで、とても落ち着ける雰囲気でした。薬膳料理も充実しているようです。これなら女性一人で行っても大丈夫ですね。

 ひとつしかないラーメンである『内モンゴル岩塩ラーメン』と『薬膳 焼き餃子』を注文しました。口の中でとろけるチャーシューも素晴らしいですが、岩塩で味付けされたスープが絶品です。決して濃過ぎず、単純ながらしっかりした味。私のような歳には、これくらいの味つけが最高ですね。

 宇都宮の中ではかなりの上位に入る味なのは間違いありませんが、ぜひ夜に中華のコース料理を楽しみに行きたいお店でもあります。

住所:栃木県宇都宮市駒生町1296-33

02

インドの歩き方

Indian_cow

 私もいろいろな国を回ってきましたが、インドほど特異な国はありませんでした。今までの国は経済発展度の影響が非常に強かったので、治安が重要な要因でした。

 ところがインドと言う国は違います。ヒンドゥー教の聖なる動物である牛の存在がそのひとつです。どんな町でもあちらこちらに野良牛がいます。大都市だろうが高速道路だろうが、平気で寝ていたりします。それでもインドの人たちは嫌な顔ひとつせず彼らがどくのを待ちます。万が一、引いてしまったりしたらエライ問題ですから。

 こんな国で世界トップレベルの技術が生まれつつあるのがチョット信じられません。やっぱり、スゴイ国です。

長万部のまんべくんに会いに

Photo_2

 夏休みの道中、長万部町のゆるキャラ『まんべくん』に会いに行ってみました。次女がどうしても会いたいと言うのが発端です。ツイッターでの毒舌でその名が知られていますが、次女がどうやって知ったのかは定かではありません。

 まずは役場へ。聞くと次のまんべくんの出番は翌日夜の夏祭りだそうな。仕方なく長万部駅へ行ってみると、記念撮影用の看板が。それでも次女は大いに満足の様子。あぁ、良かった。

 しかしその前日のテレビでは、まんべくんの戦争コメントがアダとなりツイッターは中止となったそうな。そんなことにはめげず、次女を癒すゆるキャラとして邁進してもらいたいものです。

タージマハル

Photo

 今回のインド出張で唯一の観光がタージマハルでした。

 17世紀の皇帝シャー・ジャハーンと王妃ムムターズ・マハルの廟との事ですが、墓というより宮殿ですね。22年もの年月をかけてすべて大理石で作られたタージマハルは、庭も建物も完全にシンメトリー構造になっていて、美しすぎるという程に均整がとれています。ちなみにインドの廟や寺院の門には玉ねぎのようなものが乗っていて、その個数が建築期間を表しているそうです。タージマハルの南門にも22個の玉ねぎが乗っていました。

 川を挟んだ対岸には黒大理石でシャー・ジャハーンの墓が作られるはずだったそうですが、それが叶わず基礎部分だけが残っているのが哀愁を誘います。

筑波サーキット

Tsukuba201109_2

 イベントに参加して筑波サーキットを走ってきました。震災後初めての走行だったので、ずっと楽しみにしていました。

 筑波は初めて走るコースでしたが、タイトコーナーも高速コーナーもあり全長も2km程度なので、とってもエキサイトできる楽しいサーキットでした。

 今回はFD2にSタイヤ装着で、1'11''6のタイムでした。後半アタックしようとするとブレーキがまったく利かなくなったため見てみると、右フロント内側のパッドがなくなっていました。強いブレーキを踏むヘアピンが左旋回であることが関係しているのかな?

 もてぎとは違う性格のコースでしたが、メッチャ楽しいのでまた行ってみようと思います。

初めてのインド

India

 出張でインドに行ってきました。目的のひとつはインドの交通事情を調査すること。実際の調査は若手がやってくれているので、私は挨拶回り主体の2泊4日の強行軍です。

 せっかく初めてのインドだからと、現地の方々が調査ルートを世界遺産で有名なタージマハルのあるアーグラという町までの行程を選んでくれました。

 いやぁ、たまげましたね。スゴイの一言です。人の量も牛の量も、ハンパありません。カースト制度のなごりから人の身なりも極端に差がありますが、ほとんどは貧乏人です。バイクや自転車がひしめいていましたが、最も多いのは自転車さえ買えない人のようです。

 むかし南米のエクアドルのグアヤキルという町を訪れた事がありました。その時も生活レベルの差と、物乞いの多さにショックを受けたものですが、インドはそれを上回るものでした。ニューデリー近郊でこれですから、農村部はもっとすごいのでしょうね。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »