アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

アウトバーン

Autobahn

 ドイツの自動車事情の代表すべきものにアウトバーンがあります。場所によっては速度無制限となる世界最速の高速道路です。

 実際に走ってみて感じるのは、ここでは車の性能すべてが重要であるということ。最も重要なのは言うまでもなくタイヤとブレーキ。まさに”命綱”を体感できます。もっとも最速レーンを走れるのはベンツやBMW、ポルシェといった高性能軍団で、日本で言う大衆車は追い越しの時くらいしか走る余地がありません。

 果たしてこんなスゴイ道路が本当に必要か?と考えてしまうこともありますが、秩序と法治と技術が徹底したこの国だから成り立つのでしょうね。

ドイツビールは旨いか?

German_beer

 本場ドイツのビールはそんなに旨いのか?日本のビールだって、かなり美味しいぞ。若い頃はそんな疑問を持っていた。

 実際に飲んでみると、そんなに旨いのである。ドイツはエライ!でも日本のビールも旨い。きっと日本の夏には日本のビールのほうが美味しいのではないだろうか?なんでも地元が一番よネ?

クリスマスツリー

Christmas2010

 クリスマスツリーのない我が家に実家で使っていたものが送られてきました。自分が子供のころ使われていたものです。老夫婦にとっては物置から出してくるのも重労働で、昨年からはついに出さなくなってしまったそうです。

 そんなわけで、時代が巡って自分の子供のために使われることに。なんとも不思議な気持ちです。でも雛人形にしろ、鯉のぼりにしろ、昔から代々受け継がれて来たのが普通なんでしょうね。大切なことです。

 今らしくLEDで飾られたツリーは新品のようなきらめきです。

三人姉妹(兄弟)の性格(長男長女編)

Beads

 長女の性格は一言で言うと芸術家。自分が思い描いた世界にならないと気が済まない。そのためには何でもするし、周りがどうなろうが知ったこっちゃない。でも妹たちの面倒を見る立場なので、それだと親に怒られる。なんとも可哀そうな奴である。

 趣味はというと、お絵描き、あやとり、フラワーアレンジメントというように、こちらも芸術系。ママや妹のヘアスタイルをセットするのも好きなようだ。

 今日も拾ってきた松ぼっくりにボンドを使ってビーズをひとつ一つ地道にアレンジしていた。出来上がりも素晴らしい。我が娘ながら、あっぱれである。

フランクフルト(ドイツ)

Frankfurt2010

 オーストリアに行ったついでに、フランクフルトにあるドイツの事業所を訪ねてみた。ここには友人が駐在していて、仕事の後は一緒にドイツ料理を楽しむつもりだった。が、なぜかイタ飯。

 でもまぁ、以前に長期滞在した時に嫌と言うほど食べたし、ホント言うとイタリア料理のほうが好き。友人のオススメの店"Bistorante Belanti"もとっても美味しい。ワインも美味しい。でも時差と疲労で体がオカシイ。すっかり酔っぱらってしまって記憶があまりないのです。

七五三 de 東照宮

Photo

 今日は長女と次女の七五三に行って来ました。お参りは栃木が誇る日本一ハデであり世界遺産でもある日光東照宮です。

 東照宮にお参りできるだけでもラッキーなのに、アンティークの着物を着て人力車での送り迎え、東照宮は一般の人が入れない祈祷殿で祈祷が受けられます。今回初めて知ったのですが、陽明門をくぐったところにある祈祷殿は正式名称は上社務所と言い、外にある下社務所とは専用の通路でつながっています。そんな特別の通路を通って行くのも醍醐味のひとつです。

 ちょうど紅葉の時期と重なって物凄い人出でしたが、行く先々で国内外の観光客に囲まれアイドル並みの扱いでした。お陰様で娘たちは相当楽しそうでした。今回はジジババ含め家族全員が着物を着たので、みんな楽しめました。

 ご祈祷の後もスタジオ撮影もセットになっていて、これひとつで七五三がすべて満喫できます。興味のある方はアンティーク着物ショップ『うたかた』へ問い合わせてみてはいかがでしょうか?チョイとお値段は張りますが、一生の思い出になること間違いなしです。

 HPはこちら⇒ http://luxe-nikko.com/

Graz(グラーツ・オーストリア)

Graz

 今回はオーストリアのグラーツという街を初めて訪れました。ここは旧市街が世界遺産に登録されていて、なかなか情緒のある街並みでした。いつも思いますが、ヨーロッパの人は本当に建築物を大事に使います。古い建物がしっかり残されています。オーストリアではウィーンに次ぐ第2の都市とはいえ、人口は25万人のコンパクトな大きさも住み心地が良さそうです。この後は中世の狭い路地を通り抜け、取引先の方に現地人のオススメの店に連れて行ってもらいました。

新スカイライナー

Skyliner

 成田空港関連の乗り物と言えば、もうひとつ。京成スカイライナーが新しくなった。所要時間も大幅に短縮されて、上野~成田空港が約40分になりました。今までは成田エキスプレスを使ってきましたが、東北新幹線の利用者であればスカイライナーのほうが断然便利ですね。ただ、どちらも乗り換えがけっこう面倒なのが、いただけませんが。

Airbus A380

Airbus_a380

 3泊5日の出張から帰国。移動が多くてかなり疲れています。そんな中、今回の一番の収穫はエアバス社の最新旅客機A380に乗れたこと。ルフトハンザのフランクフルト-成田便に就航してます。

 写真ではほかの機体と大して変わらないような気がしますが、実際にはスケールがまったく違う!私は2階席でしたが、ジャンボの1階席と同じ大きさに感じました。しかも前から後ろまで総2階というのが凄い!ターミナルも2階対応でどちらの階にも搭乗口が付きます。機体も翼が3次元形状をしていたりで注目度バツグンでした。あまりに興奮して一睡もできず、すっかり時差ボケが直ってしまいました。

 JALからジャンボが撤退するいっぽうで他社は超大型機の導入、明暗を分ける皮肉な出来事ですね。

冬の定番

Photo_2

 冬と言えばコタツ。そのコタツに当たりながら食べるのは・・・ミカンとアイス。そして甘味が苦手な私でも食べられるアイスがこれ。味もさることながら、食感がたまりませんね。

 今日も長女とサイクリングがてらコンビニの前で頬張ってしまった。うーん、やっぱやめられん。

秋の終焉

Photo

 紅葉もピークを過ぎていよいよ冬が目の前に。遅咲きのコスモスさえも終わりを迎えつつあります。あっという間の秋でしたが、北海道や日光に行くことができて充実した秋でした。

 今年は次女も一緒にスキーをやってみようと思うので、そろそろ楽しみになってきました。

心温まる結婚式

Wedding_2

 今日は会社の部下の結婚式に行ってきました。彼は入社した時からずっと私の下で働いてしきました。不器用で必ずしも段取り上手ではありませんが、明るく真面目で、何より純粋な心を持った人です。そんな彼も35歳にしてようやく結婚に至りました。

 式が始まり、新郎新婦が入場。緊張でポルターガイスト状態の新郎と笑顔が素敵な新婦。この後は新郎の挨拶、嫌な予感がした。ほどなく司会から促され、新郎からの挨拶が始まった。『本日はお忙しい中、また遠方から・・・誠にありがとうございます』の行はなんとか言えていた。が次の瞬間、予感的中。魂の抜けた新郎からは何も発せられず、静まり返った沈黙だけが残る。しばしの空白の後、新郎の口から『よろしくお願いします』の一言。会場はどっと沸いた。

 きれいで立派な挨拶もいいけど、彼のように人柄が前面に出た挨拶はとても心が温まる。たった一言の挨拶が彼の人間性を知らしめた。本人にとっては不覚の挨拶でしょうけど、こんな挨拶もあるのだなあと気付かされた式でした。

日光の紅葉2010

2010_3

 今朝は早起きして日光の二社一寺に紅葉見物へ行ってきました。

 すでにいろは坂以上は終わっているためか、午前6時の日光は車通りもなく静かな朝でした。早く行き過ぎて拝観はできませんでしたが、表参道や二荒山神社の紅葉を楽しむことができました。

 ただ、せっかくの世界遺産なのに、まったく似合わない売店や休憩所が境内にまで乱立しているのはいただけない。世界遺産登録するなら、ガチガチの景観条例の覚悟くらい欲しいものだ。

栃木の紅葉

2010

 初霜と同時に栃木の紅葉もいよいよ平地に下りてきました。庭のナツツバキも真っ赤です。明日は紅葉狩りに出かけようかしら?

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »