アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

初めての運動会

 昨日は長女の小学校の運動会でした。パパに似て緊張しいの彼女は朝から学校に行きたがらず、『おなか痛い』『行きたくない』の連発でした。ママが『おなかが痛いなら保健室まで送ってあげる』という約束で学校まで送り届けてひとまず決着しましたが、天気同様なんだか暗雲の立ちこめる朝でした。

 そんな不安の中、家族全員で学校へ。紅組の応援席に長女を探します。すると友達と楽しそうに話す長女の姿。どうやら緊張は行くまでだけで、着いてしまえば楽しさいっぱいの模様。まぁ、小学1年生なんてそんなもんだよね。

 ダンスもかけっこも元気いっぱいの姿に安心。ハラハラドキドキは親のほうでした。

2010

三人姉妹(兄弟)の性格(末っ子編)

 3人の娘を育てていて気がついたことがあります。それは下に行くほど母親への依存性が低下すること。長女はママにべったりで、真ん中の次女は中立(自立?)、三女はむしろパパの後追いをします。

 そこで取り巻く環境を分析して見た結果、結論はこうです。長女は両親の愛情を100%受けますが、三女になると単純計算で33%です。昼間はママしかいませんがほとんどの場合、下になるほど放っておかれます。実際、長女の時は少しでも泣くと親は飛んでいったものですが、三女の場合はずうっと泣きっぱなしのままです。と言うことは、三女は33%の愛情しかもらえないうえに、母親からはかまってもらえないのです。いっぽうパパは休日のみの育児で基本的に泣いている子をあやします。

 簡単に言えば、子供はみんなママが大好きでパパが分け入る隙がない。でも末っ子に行くほどママの愛情は相対的に小さくなるので、パパにチャンスが来るのです。

 そんなわけで三女はとってもパパに懐いているのでした。よしよし。

Photo

海遊び@茅ヶ崎海岸

 GWはしこたま遊んだつもりですが、ひとつだけやり残したことが・・・。それは海!海遊びです。実家に帰ったついでに久々に茅ヶ崎海岸に行ってみました。

 いつも一中通り正面のサザンビーチに出掛けていたので気が付きませんでしたが、茅ヶ崎漁港のまわりもえらく様変わりしていました。一番ビックリしたのは海岸と134号線の間のわずかな隙間に家が建っていること!台風の時など吹き飛ばされないか心配です。海岸付近も野外ステージ兼憩いの場みたいな施設が作られていました。なんかオッシャレーな感じです。

 今日は天気もよく風もそれほど冷たくなかったので、この時期にしてはそこそこ遊べました。海なし県に住んでいるので、子供達は大喜びでよかったです。川もいいけど、やっぱ海はいいねー。昔はこの辺でよく釣りをしたので、ふるさとって感じがします。

Photo

サクラ散る

 桜も終わって新芽が吹いて来た。桜の花ってホントに一瞬の華やかさだよね。だから散った後は何となく儚い。

Photo_2

アラフォーの老化現象

 車を運転していた。

 初夏の陽気で室内も暑いので、窓を開けて腕を掛けていた。

 ふと見ると、我が右腕の上で糸くずのようなものが流れるように踊っている。

 左手で取り払おうとした瞬間、ビックリした!

 糸くずに見えたのは自分の腕の毛だった。

 無駄毛が少ないのが自慢(?)だった腕から5cmくらいある毛が1本だけ生えているのだ。

 またひとつ勘違いDNAの細胞が増えてしまった・・・

Photo

川遊び@大芦川

 GW最後のイベントは昨年も大ウケだった川遊び。今年は雰囲気を出すために少し上流に遡って鹿沼市の大芦川に行ってみました。大芦川を選んだのは、家から近いことと上流にダム施設がなく清流そのものなのが決め手です。場所は出会いの森総合公園の向かいです。ここはオートキャンプ場となっていてトイレやその他の設備が整っているので、家族連れや女性には安心なポイントです。

 ここのところ雨はなかったので水位も低く透明度もひじょうに高い状態でした。目の前をハヤの群れが余裕で通り過ぎていくのが悔しいくらいです。子供達も大喜びで魚やヤゴなどを追っていました。水深も浅いのでダムや生簀を作って遊ぶにも向いています。子供は網を大人は釣りキットを持っていくとさらに楽しいと思います。

 梅雨が明けたらまた来ようと思います。今度はキャンプもやろうかな?

Photo

アイススケート

 今日は長女と二人で宇都宮スケートセンターに出かけました。彼女にとっては初めてのスケート。数年前から興味を持ち始め、バンクーバーオリンピックで一気にはじけたよう。

 ワクワクご機嫌で出かけたものの最初から滑れるワケはなく試行錯誤で奮闘していたのに、1時間も経つと転ばなくなり2時間後には一人でリンクを一周できるようになっていた。子供の適応能力ってスゴイねぇ。自分は30数年ぶりで見事に転倒、尻はびしょ濡れ左手打撲という無残な結果に・・・

 夜からは宇都宮フィギュアクラブのアイスショーを見に行ってきました。浅田真央ちゃんばりの上級生の演技に長女はクギ付け。こうやって自分のやりたいことが増えていくんだなァと感じたひとときでした。この先が楽しみです。

 ちなみに宇都宮アイスセンターは冬期のみの営業ですが小学生以下は無料だしアクセスもよいので、これからはどんどん利用しようと思います。キッズスクールがあると最高なんだけど・・・

Photo_2

つがの里

 公園巡り第3弾は旧都賀町(現栃木市)にある『都賀の里』。おととい行った西方ふれあいパークから5kmほど南下した、東北道 栃木都賀JCTのすぐ近くにあります。こちらも高速道路からよく見えます。

 この公園の特徴はいろいろな要素がコンパクトにまとめられているといったところでしょうか?子供の遊具やアスレチック、BBQコーナー、池、桜並木、芝生広場、ハイキングコース、等々、かなり充実していて、しかもそれぞれが近いので家族連れや団体には好都合です。一番気に行ったのはBBQコーナーに屋根(テント)があること。これは幹事は助かりそうです。

 園内には桜が豊富で、今回は八重桜が満開で公園全体がピンクに染まっていました。ちょうど桜祭りの最中で、大カラオケ大会など完全に地域密着型というのも好感が持てます。まぁ、やり方(会場全員に聞こえる)は少し考えてほしいですが・・・

 アクセスは東北道の栃木ICまたは北関東自動車道の都賀ICからすぐですが、栃木ICからは道がわかりにくいので都賀ICがオススメです。

 総合的には我が家にとっては四つ星ってところです。

Photo

GWは春夏野菜の植え付け時期

 今年の春夏野菜の植え付けもようやく完了しました。今年はミニトマト、パプリカ、ブロッコリ、シシトウ、スナップエンドウ、ナス、スイカといったところ。昨年同様にナス科が多いので連作障害が少し心配ではありますが、土壌改良しつつ頑張ります。ちなみに一昨日買ってきたネギ苗はコンパニオンプランツと言って、ナス科の病気予防に使ってみました。

 6月以降の収穫が楽しみ~

Photo

春の井頭公園

 GW公園巡り第2弾は真岡市の井頭公園。ここは広葉樹が多く残っていて、新緑と紅葉が特に見事な公園。我が家からも近いので年に数回は訪れています。

 この季節はコナラやクヌギなどの広葉樹がいっせいに芽吹くので、新緑は黄緑に近く眩しいくらい。そんな雑木林のトンネルを自転車で回ることができるので、子供が大きくなったらサイクリングしようと以前から考えていました。そしてそれが今日かなった。

 6歳の長女と二人で一周3kmちょっとの公園を、野鳥の声を当てたり、リスの食べカスを探したり、鯉に餌をやったりして、1時間半かけてまわってみた。周りの人々も実にゆったり過ごしているので、公園全体の時間の流れが緩やかなような気がする。次は池のボートに乗るのもいいな。

 帰りに足尾の山に植えるための発芽ドングリをたくさん拾って帰路に就きました。

Photo_2

道の駅 『にしかた』

 最近の楽しみのひとつは栃木県内でいちばん美味しいイチゴのアイスクリーム(ジェラート)探し。事の発端は毎年行っている益子のイチゴ狩り会場にあるイチゴジェラートが絶妙であることと、道の駅『みかも』のジェラートの味がそれを上回る味であることを最近見つけたことだ。

 というわけでチビッコも大喜びのこの企画第一弾は道の駅『にしかた』。300円の値段の割に超大盛りの盛りつけに子供達も大満足だ。味はというとさすがイチゴの味はよく美味しく仕上がっているが、『みかも』には到底かなわない。

 道の駅としては、産直の売り場は広いし値段もそこそこ手頃で普通の店って感じ。最近よくある魚コーナーはメダカに交じってナマズがあるのが特産品って感じだった(笑)。建物は無垢材をふんだんに使っていて雰囲気はいいし、いままで国道293号線は足利に着くまで手ごろな休憩所がなかったので、良いのではないでしょうか?

Photo

西方ふれあいパーク(西方運動公園)

 GW最初の外出は恒例の公園巡り。今日は友人家族と一緒に西方ふれあいパークに行ってみた。この公園、東北自動車道から見える位置にあって、前々から気になっていたのだ。宇都宮からのアクセスもよく、近くに道の駅「にしかた」もあってとても便利だ。

 到着するとあまりの人の少なさにビックリ!GW中なのに人ひとりいない。思わず『外した』と思った。でもよく見ると雑木林や芝生はキチンと整備され、新緑と八重桜と空のコントラストは最高だ。あまりメンテされていない池にはオタマジャクシの大群がいて、子供たちは夢中で追いかけている。

 そう考えるとここは『穴場』ということになる。超オススメです。できればトイレをもう少しキレイにすると来客者数が10倍くらいになると思うんだけど。

Photo

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »