アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

5歳10ヶ月の大冒険

 今日は長女がずっと目標にしてきた自転車で遠出の日。自宅から約10km離れた保育園までを自転車で往復するのだ。ついでに途中にある友達の家に昨日の晩書いたお手紙を届けるらしい。

 絶好の快晴の空の下、自宅を出発。田んぼではちょうど野焼きが真っ盛りで、香ばしい煙の薫が気持ちいい。鬼怒川を橋の上からのぞくと、澄みきった川面の下に鮎の群れが見える。普段は車で移動しているので、こんな所で立ち止まることなどない。自分たちが住んでいるところはこんなに豊かなところなんだと気付かされた瞬間だった。

 娘のほうはと言うと親の心配をよそに力強くペダルをこぐ。途中の丘の上り坂だって、弱音を吐かずに登りきった。二人で歌を歌ったり、なぞなそを出し合ったり、宇宙や季節の話をしたり。通ったことのない知らない道を選びながら、楽しい旅は続く。親としてもとても有意義な時間だった。

 けっきょく目的地までの10kmを1時間チョットで走ってしまった。知らないうちに子供はどんどん大きくなる。信じられないスピードで。親が抜かれる日もそう遠くないんだろう。

 帰り道。娘はぜんぜん疲れた様子もなく、当たり前のように家まで走って行った。目標達成の喜びを分かち合い、父はうたた寝したのだった。

Photo

三人姉妹(兄弟)の性格(真ん中編)

 我が家の3人娘を見て思った。真ん中は手ごわい。自分も嫁も3人兄弟。3組の”真ん中”を見ると、かなり共通点がある。

 まず最初に特徴的なのは”独立的”であること。上や下と違って親の愛情を深く受ける期間が短いからなのか、ひとりでも一匹狼でも平気、抱っこは疲れた時だけ頼むよって感じだ。家族には素っ気ないが、外には社交的で人見知りは少ないようだ。

 次に挙げられるのは”気性が激しい”こと。要は暴れん坊である。我が家の場合も、自分の主張が受け入れられないと、どんな場所でもいつまでも地団太を踏んでいる。1歳の時は車の中で2時間近く爆弾みたいに泣き続けていた。前例を見ると、このままでは中学でグレる可能性が高そうだ。

 そんな次女の最近の呼び名は”番長”。いただきますの言葉を待たずに椅子の背もたれに両肘をかけて食事をする様は、まさに番長。食いっぷりも堂々として素晴らしい。2歳にして大物の片鱗を見せつける次女である。

City_hunter

一芸に秀でる

 ネットでこんな記事を見つけた。バック転&バック宙で急坂を駆け下りる男。見事な運動神経もさることながら、それをこんな形でアピールするなんて凄いセンスだ。心に響くアピールってこのことだよな。必見です!

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=8potzfl9Qg4

美味しい梅干し

 我が家はチョットした梅干しブーム。ネットであれこれ買い集めている。

 美味しいと思ったのは、やっぱり和歌山県産の南高梅。はちみつで漬けた梅肉がまろやかに酸っぱく絶品である。今まで納豆の一辺倒だった子供たちもよく食べるようになった。

 ただ人気のブランド商品とあって、やっぱり高い。わけあり品と呼ばれるB級品を買っても2000円/kg前後する。

 春になったら庭に梅の木を植えようかな?無農薬だし・・・

Photo

最低気温記録

 寒い、寒すぎる!気温-6℃!久々に来たねぇ。北関東というより南東北と言ったほうがピッタリだ。今年はゼッタイに暖冬ではない。

Photo

もてぎスポーツ走行 2010年1月

2010年1月10日(日) 11:30~12:00(4TN) ツインリンクもてぎ
気温:6.5℃、湿度:59%、路面温度:20℃

 今日はひとりで走り初め。TRMC-S感謝祭でパドックがすべて埋まる盛況ぶりだ。出走した枠も30台以上の混雑ぶりだった。

 今回は年末にホイールナットを忘れて諦めたSタイヤも初装備だ。ホイールは軽量で有名なVOLK RACINGのTE37。17インチにインチダウンだが、見た目はなかなかのマッチングだ。スピードリミッターカットは残念ながら今回も見送りだ。コンディションは日差しが強めで気温が低い割に路面温度が高い絶好の条件。日なたでのウォームアップも忘れずに気合いを入れてコースイン。

 コースに出てすぐにSタイヤの威力を思い知った。すごいグリップ!ラジアルタイヤに比べて明らかに車速が高い。タイムも2秒近くのびて 2'23"9 !夢の23秒台だ。まさに麻薬みたいなタイヤだ。今年の目標はこの仕様で22秒台かな?

シビック タイプR (FD2)
タイヤ : ADVAN A048 (225/45 R17)
ブレーキパッド : プロμ Racing777

Typer2010_01

北海道銘菓の詰合せ

 北海道の友人から三女の出産祝いが届いた。中身は北海道で有名なお菓子の詰め合わせ。石屋製菓のホワイトバウムクーヘン”TSUMUGI(つむぎ)”、北菓楼の開拓おかき”えりも”、そして柳月の十勝この実である。

 内地にいる友人のお祝いにオリジナルの地元産の詰合せ。粋なプレゼントに感動です。

Photo_2

小樽天狗山スキー場

小樽天狗山スキー場
今日は長女にせがまれて、スキーに出掛けた。実家から数分にある天狗山スキー場だ。

規模は小さいが急斜面ばかりの男らしいスキー場だ。もちろん子供連れにも楽しめるコースはある。

娘は初心者なのでロープウェイで上がってファミリーコースで練習した後、ロングラインコースを下りて来てちょうどよかった。それだけでボーゲンができるようになった。予想外にハマったらしく、また明日来たいと言っている。狙い通りだな。

住吉神社で初詣

住吉神社で初詣
今年は初詣がまだだったので、小樽の住吉神社に行ってきた。ここは参道が海から真っすぐ延びていて、境内からの眺めも素晴らしい。年初めにはピッタリで気分がいい。

小樽公園

小樽公園
今日は小樽公園で雪遊び。ここは何と言っても景色が素晴らしい。小高い丘は白樺の林になっていて、眼下には小樽港、背後には天狗山が見える。特に冬は雪とのコラボレーションが見事だ。今日初めて気が付いたのは、やまびこがハッキリ聞こえること。雪遊びやソリ遊びも楽しめてお気に入りの場所のひとつだ。

年を越したら寒中見舞い?

 年が明けて無事2010年を迎えることができたと思いきや、2009年の負の遺産がこれ。出すのもここまで遅くなると年賀状ではなく、寒中見舞いだよな?いくら忙しかった年とはいえ、我ながら情けなさすぎる。来年(今年)は早々に書きあげたい、と毎年(今だけ)心に誓う私であった。

 ちなみに年賀状の有効期間はと言うと、松の内(1月7日)が常識らしい。切手に消印が押されないのも同じ期間だし、もっともらしい(?)説だ。もちろん元旦に着くように送るのが常識中の常識であることは言うまでもない。

Photo

一富士二鷹三茄子

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。さっそく実家近くの海に散歩に行き、富士山を拝んできました。いつ見てもありがたい姿です。明日はここを箱根駅伝のランナー達が走ります。今年もよい年になりますように、合掌。

Img_08501

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »