アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

平地の紅葉も終わり

 今日は朝から出かける用事があって慌しい日曜日となり、昼食は近くの公園(清原工業団地 三号緑地)で食べることに。紅葉もすっかり終盤で、コナラやケヤキやイロハモミジは落葉していた。ひときわ目立つのは真っ黄色のイチョウと赤と黄色のグラデーションが美しいヤマモミジ。常緑樹の白樫と青い空と相まって作り出すコントラストは芸術的!

 久々の陽気のもとで食べる朝食は、実際の3倍美味しい気分だ。もちろん元々の味も素晴らしい。

Image01401

会津若松と宇都宮

 先日訪れた会津若松は歴史的には白虎隊が有名だ。一方で鶴ヶ城(会津若松城)は桜の名所としては名高いが、歴史的にはあまりパッとした話題がない。それが今回初めて知ったのだが、豊臣秀吉時代に会津藩主の蒲生秀行が宇都宮に転封となっている。そんな時代背景があると自然と親しみが湧いてくるのが不思議だ。

Photo

喜多方ラーメン さくら亭

 猪苗代に行ったついでにラーメン目的で喜多方まで足を延ばしてみた。3連休ということもあって、蔵美やあべ食堂などの街の中心部のラーメン屋は軒並み長蛇の列。子連れの我々には無理がある。

 そこで郊外のラーメン店を狙って”さくら亭”に向かった。予想はズバリ的中で、着いた時はちょうど席が空いたところだった。店内はフツーのラーメン屋だが、2時過ぎでも満席でそれなりに人気もあるようだ。

 長女は醤油ラーメンを、俺と嫁は豚バラチャーシューメンを注文。一口目のスープの味は、”美味い!”。煮干しのダシがあっさりとさせているような感じで、肉の脂も気にならずに食べられる。もともと魚ダシが好きな嫁も絶賛だった。行く価値のある味だ。

Photo 02

大内宿

 福島の旅の最終日は会津藩の鶴ヶ城を皮きりに西会津街道を南下して帰ることにした。会津若松から県道131号線を進む。紅葉は終わっているが見頃であればさぞ見事であろう広葉樹の山々の中を過ぎ、峠を越えたところに大内宿がある。

 江戸時代の宿場町の風情を色濃く残し、通りの両側にはダイナミックな茅葺屋根の家々が立ち並ぶ。遠目には白川郷と雰囲気が似ているが、近くで見るとぜんぜん雰囲気が違う。それぞれの家が軒先で思いっきり商売しているのだ。特産品の十年味噌のダンゴ餅や民芸品を売ったり、中で食事が食べられたりする。変に文化的価値を主張しないので、逆に活気があって楽しかったりする。

 こんな所がこんなに近くにあったなんて。また来ようと思った。行く時は昼飯がてらがちょうどよい所だね。

Photo Photo_2

裏磐梯

裏磐梯
今日は裏磐梯へ。紅葉には遅すぎる雪交じりの五色沼を散策した。思わしくない予報に反して絶好のハイキング日和。雪を冠した磐梯山が素晴らしい。

今日の目的地は青沼。駐車場から遠くなく、子供でも歩ける距離なのだ。澄んだ青空と広葉樹の森の中を進むと、ほどなくコバルトブルーの湖面が見えてきた。無風が作り出す鏡面が神秘的だ。家族みんなで感動できたひとときでした。

ETC装着!

ETC装着!
ついにETCを購入した。一時期は助成金と1000円効果で超品薄状態になったけど、民主党が政権を取った今では無料化への期待から逆にだぶつき気味という皮肉な状況に。

とは言うものの安く買えたし取付も自分でやったので、この三連休で元は採れるハズ。これから福島の猪苗代に行ってきます。晴れるといいな。

ハイハイ記念日?

一昨日、リビングに置き去りにされた寝返りしかできない5か月の三女を見ての夫婦の会話。

俺 「あれ?少し前に進んでるじゃない?」
嫁 「そう?じゃあ、ちょっと見ていよう」
俺 「ほらほら、ちょっとだけ進んでるよ」
嫁 「あー、ホントだ」
俺 「いつからできるようになったんだろう?」
嫁 「さぁ?いつからだろうね~」
俺 「ははははは」
嫁 「ははははは」

長女の時とはあまりに違う扱い。可哀そう過ぎる。またまたゴメン、三女!

Image02101

壬生総合公園(とちぎわんぱく公園)

 今日は広い公園に行くことに。昨日全くかまってやれなかったので、体いっぱいを使って遊ぶためだ。別の用で壬生に行くことになっていたので、公園もわんぱく公園に行くことにした。

 いつもと違って東側の駐車場に車を止めた。すると入口の先には運動場と大きな広場が。こんな場所があるなんて知らなかった。広葉樹の林にすり鉢状の広場、真中にはケヤキか何かの木がイイ感じに立っている。その先には人工の沢と池がある。ちょうどモミジとイチョウの紅葉がピークで赤と黄色のコントラストが見事だった。

 正式にはここは壬生総合公園ということになるらしい。同じ敷地にある、おもちゃ博物館やわんぱく公園とは一線を画するものなのかは不明だ。でも、見るからに金のかかっているわんぱく広場よりこっちのほうが開放感があって気持ちいい。用途によって使い分けるのが賢いのかな?

Wanpaku Img_0392

クリスマスツリー

 ホテル日航東京のロビーには、もうクリスマスツリーが飾られていた 。そういえばもうそんな時期かぁ~。ウチも飾り付けやろうかな?年賀状の準備も必要だね。

Cristmass

娘からのメッセージ

 今日は会社の部下の結婚式でお台場のホテル日航東京に出かけた。20代の若い夫婦は秋の爽やかな青空以上に晴々しく、久しぶりに心を洗われた気分になった。

 披露宴では終始和やかな進行が続き、いよいよ最後の新婦の両親に対する手紙が本人から読み上げられた。泣けちゃう、よくあるあの風景だ。

 しかし、今日はいつもとチョット違う。新婦の手紙に感動というより、『俺も娘にあんな風に言ってもらいたいな~』って感じ。俺もあっという間にそんな立場になっちゃうんだろうな。明日から頼れるパパに変身だ!

Wedding

ひとり鍋

 寒くなったらコレ!帰りが遅くなっても嫁さんが作ってくれた。白菜と肉だけのシンプルな鍋だけどメッチャ美味しい。あ~温まる~。

Photo

最低気温

 今日も午前さま。最近、チョイと忙しい。寂しく会社の駐車場から車に乗ると、気温計は、ナ、ナ、ナント1℃!どうりで寒いと思った。この時期っていつもこんな気温だっけ?

 いよいよ冬がやってきたってことね。

Cold_2 

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »