アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

ダイヤモンド富士

 ネットで見かけて目にとまった言葉”ダイヤモンド富士”。なんてありがたそうな響きだろう。ネットで調べると太陽が富士山に沈むことを指すらしい。これまたありがたい光景だ。Wikipediaにも載っていて、ほかにもダブルダイヤモンドとかコロコロダイヤとかあるらしい。さすが富士山、マニア層も厚そうだ!

Photo

シシトウの収穫

 夏野菜の収穫トップはシシトウ。トウモロコシとトマトの高層ビル群の間で苦戦していたが、一等地に植え替えられてからは元気いっぱい。今日は初物だったので天ぷらで食べたが、味がよくなる2作目は焼き物でいただきたいものだ。トマトの収穫も楽しみだ。

Photo Photo_2

昆虫さがし

 先週に続いて娘とサイクリングへ。今日はトンボを捕まえたいというので、網と虫カゴ持参で出発。この機会を使って自然観察の授業をやることにした。

 今日は最高気温が34℃で日差しも強かったが、娘は元気いっぱいで、むしろ自分がヤバそうだった。前回よりもさらに遠くの田んぼまで行き、昆虫採集開始。今日確認できたのは、モンシロチョウ、モンキチョウ、ナミアゲハ、キアゲハ、シオカラトンボ、ウスバキトンボ。地べた系、鳥類、魚類は観察する余裕がなかったので次回のお楽しみだ。

 今日も楽しい時間を過ごすことができた。もちろんトンボはゲット、親父の威信は保つことができた。こういう近所の自然、長く残してほしいなぁ。

Photo_2

ミツバチの季節

 庭のラベンダーにミツバチがよく来るようになった。特に珍しい事じゃないけど、ヒマなので一枚撮ってみた。画像は加工したけど、ホバーリングをバッチリ撮れてるでしょ?もちろんMFです。

Photo

マイケルジャクソン

 マイケルジャクソンが逝った。かなりビックリだ。

 高校時代は絶頂期だったので、けっこう興味があった。きっかけは”we are the world”。当時とんねるずのファンだったので、ノリタケのパロディマイケルでさらに好きになった邪道派だ。

 最近はスキャンダルばっかりで失望していたが、故人となってしまった今は尊敬の念だけ心に留めておくことにしよう。

Bad

次の皆既日食はいつ?

 去年の今ごろからずっと、奄美(トカラ列島)の皆既日食を見たいと思っていた。ツアーにも参加する気マンマンだったけど、子供が生まれてしまってあえなくパー。久々に元天体少年(もどき)の血が騒いだのもつかの間の出来事だった。

 今回がダメなら、じゃあ、次は一体いつで、どこなんだ?海外だろうと家族連れて行っちゃおうかな?モルディブとかミクロネシアとかだったら最高だな。アラフォーの妄想は果てしない・・・

Photo

都会も田舎も超いい所ですが・・・

 どこからが都会でどこからが田舎かがイマイチわからんが、『中途半端な土地に住む』のが理想かな?

 自分の子供の頃は都会から見れば田舎、田舎から見れば都会みたいな、『中途半端な土地』で過ごしたが、今じゃ住宅がギッシリ立ち並ぶれっきとした都会になってしまった。それがいま心地いいかと言えば、そうではない。森がない、田んぼがない、庭が狭い、何か圧迫された感じ。

 10代、20代の頃は都会がよかった。とにかく遊びに夢中で、友達がいっぱいいて、情報がいっぱいあって、エネルギーがあって。それを解き放つフィールドはやっぱりあの都会の喧噪が一番だった。

 それが30歳くらいから自然のある生活自体が、エコとかロハスとかいう言葉に代表されるように、何かこうエライというか充実したステータスみたいな感じが会話の端々に感じるようになった。子供のころ自然に触れて過ごしたことが、ある意味自慢っぽく話されていたように感じたのもこの頃。

 40歳近くなると畑作ったり、子供と虫を捕りに行ったり、別に人のことはどうでもよく本気で田舎生活を本拠とすることを欲してきた。

 だから都会と田舎、住むなら・・・って聞かれると、やっぱ『中途半端』がいいんだな、自分の場合。自分の人生は1パターンしかないから当たり前か・・・?

Image780

コネタマ参加中: 都会と田舎、住むならどちらがいい?

雨の日のこども遊び②

 今年は梅雨らしい梅雨というわけでもないのに、週末ばかり天気が崩れる。今日も朝から雨。晴れれば久々にサーキットに走りに行きたかったけど、朝目が覚めて早々に断念。

 子供たちは自分以上に体力を持て余し、あれこれと要求してくる。それでもあまり機嫌を損ねないのはGW後に作ったターザンブランコがあるからかな?何の気なしに作った一本のロープは大ヒットで、未だ人気が衰えない。子供たちも自分なりに工夫して別の遊び方を開発して遊んだりしている。作ってよかったー。

Photo

親子でサイクリング

 最近の特訓の成果でかなり自転車に乗れるようになった長女と、はじめてのサイクリングに出かけた。相変わらずハッキリしない空模様の下、あてもなく2台の自転車がスタート。

 はじめての遠出に娘は興奮気味。”楽しいね!”を連発しながら小さな自転車をこぐ。近くを流れる小川に沿って田んぼ道を、途中、田んぼのカエルやキジなどを観察しながら進む。けっきょく3キロくらいを1時間ちょっとかけて元気に走破。体力もずいぶんついたなぁと感心した。

 今までは歩きだったのでせいぜい近くの公園だったけど、自転車で広がる行動範囲は思わぬ親子交流のステージとなった。来週もまた行きたいな。

Cycling

仲間の存在

 昨夜は自分の昇進祝いをしてもらった。いままでの色々な仕事を共にした大切な仲間たちだ。中には10年以上むかしに一緒だった人もいた。昔話に花が咲き、懐かしく楽しい思い出に大いに盛り上がったが、気がついてみれば立場は一番上になっている。これからは自分が先輩たちがそうしてもらったように、この仲間たちを大事にしていくのと同時に、彼らを引っぱって行かなくちゃ!と気を引き締めた瞬間だった。

Photo

眠れないときはズバリこれッ!

 いつでもどこでも寝れてしまう私の場合でも、ごく稀に眠れないことがあります。そんな時の切り札がコレ。題して『必殺!掛け布団増量』です。何のことはない、いつも下に敷いている敷布団の下に寝るのです。敷布団は分厚い綿布団が一番です(貧乏性)。夏の暑苦しい夜(我が家はクーラーは使わない)など、暑苦しいと思いきや逆に冷や冷や冷たくて非常に気持ちがよいです。これで一発で寝れてしまいます。

 というわけで一発で寝れるので、”眠りたいのに眠れない”の答えには全然なっていないことにいま気づきました。

コネタマ参加中: 眠りたいのに眠れない! そんな時、どうする?

三姉妹揃い踏み

 黄疸検査でひっかかり一人で入院していた三女が今日退院した。出生時3400gの体は巨体クラスに入るが、普段20キロと13キロを抱きかかえているため、空気の如く軽い。3人目とは言え、新鮮な気持ちで病院を後にした。

 夕方、長女と次女が帰ってきた。下馬評ではゴッコ遊びが旬の長女が2代目ママを襲名し、利害関係が生じやすい次女はいじり倒すことが予想されていた。ところがどっこい、意外な結果に。長女は可愛がるものの関心はそれほど高くなく、いつもとあまり変わらない。次女の時で飽きたのかな?次女は意外にも目をキラキラさせながら、世話を焼いたり、抱っこしようとしたりハイテンションである。服を脱いでオッパイをやろうとさえしていた(笑)。初体験で新鮮だったのかなぁ?

 兎にも角にもこれで新生我が家が勢ぞろい。美人三姉妹となってくれることを祈る。

Photo_2

娘からのお守り

 ママと三女の無事退院を祈って、長女がお守りをプレゼント。自宅近くの公園で見つけてきた四つ葉のクローバー。紙コップに入れて病院に届けた。

 大人には思いつかない素敵な贈りもの。

Photo

栃木県子ども総合科学館(わくわくグランディ科学ランド)

 昨日は休日の運動量不足解消にこども科学館(正式には栃木県子ども総合科学館)に出かけた。ここには比較的広い広場と水遊び場そしてちょっとしたアスレチックがあって、子供を遊ばせるにはうってつけだ。屋根つきのイベント会場もあって普段は休憩所として使っているので、弁当持参が得策だ。

 またここはその名の通り科学館も併設(?)されていて、プラネタリウムをはじめとした様々な展示物、催しモノがある。昨日はその道では有名な小山高専のロボットコンテストのデモンストレーションが開かれていた。個人的には一度は行ってみたいと思っているけど、当分行けそうにないな。(実物大のH2ロケットだけでもワクワクしちゃう!)

 ちなみに”わくわくグランディ科学ランド”の名称はネーミング権を住宅メーカーのグランディハウスに売ったからだそうな。一市民として言わせていただければ、全然定着してないと思うけど。

栃木県子ども総合科学館のHP⇒ http://www.tsm.utsunomiya.tochigi.jp/

Image019

なんと全国ニュースに!

 町内の黒毛和牛の逃走騒動は全国ニュースになっていた!Yahooもトップニュースで掲載している。こんなネタが全国ニュースとは、ヒマと言うか平和と言うか・・・。でも一番詳しい情報がテレビから流れてくるなんて、メディアもそれなりに必要ってことか?回覧板が回ってきたのは捕獲したあとだったしな・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090614-00000010-mai-soci

田舎の回覧板

 緊急回覧板が回ってきた。今日のニュースは『注意!子牛逃げる』だ。スゴイ話題だ。牛飼ってる農家なんて近所にあったっけ?

 回覧板によると子牛と言っても体長は2メートルもあるらしい。見つけた時の連絡先が警察ではなくて農協ってのがイイ!今日の遊びは牛探しかな?

Photo

嬉しい関係

 三女が生まれて4日目になるが、この間いろいろな人にお祝いのお言葉をもらっている。実家・親戚はもちろん会社や娘の保育園の先生・父兄などだ。中でも嬉しいのがご近所の皆さん。お隣に話しただけで、回覧板のついでに、車で通りかかった時に窓越しに一言、井戸端会議で話題になど、我が家がご近所の温かい目で包まれているのを強く感じる。ありがたいことだ。こんな関係をずっと続けられたらいいな。逆に悪いことは絶対にできないな。

Photo

自然淘汰?

 庭の山椒の木にいたナミアゲハの青虫(終齢幼虫)がいなくなった。どっかでサナギになったのか?と思い探したが見つからない。もしや鳥に捕まって食べられてしまったのか?ならば自然の掟、やむなしである。青虫がいなくなったことを長女に伝えると、『食べられちゃったの?大変だねぇ』とあまりに意外な納得の様子。うーむ、やはり子供は怖い。逆にけっこうショックな自分は密かに活動している第2陣(第4齢幼虫?)に期待している。山椒の木にほとんど葉が残っていないのが心配だ。頑張れ!

Namiageha

1日遅れのバースデイ

 昨日は話題が三女の誕生に終始したが、実は次女の2歳の誕生日でもあった。忘れていた訳ではないけれど、ドタバタしていてお祝いすることができなかった。本当にゴメンナサイ。

 パパとママからのプレゼントは、新しい長グツと箸入れつきの箸。今朝出掛けに渡すと超大喜び(反面、心が痛い)。ちょうど雨だったので喜んで保育園に履いていってくれた。夕食にもちゃんと箸を使ってくれて、食後は嬉しそうに箸入れにしまっていた。

 彼女にとっては年に一度の大イベントなのだから、どんなことがあっても遅らせちゃいけないね。反省しきりの一日だった。

Photo

誕生!

 今日16:00過ぎ、無事第3子が生まれました。3400g強の女の子(三女)です。今のところ帝王切開となったこと以外は母子ともに順調でホッとしています。ちなみに、偶然にも今日は次女の誕生日でもあり、ダブルバースデーとなりました。

 これからのことはよく分かりませんが、我が家の賑やかさが一層増すのは間違いなく、男女比1:4の圧倒的不利である男性軍(?)の立場が危ぶまれます。最初のもめ事はたぶん名前の付け方でしょうね?

 ママ、娘たち、その他協力してもらっているすべての人々に感謝です。そして何より、ママ、お疲れ様でした。

New_life

緊急子育て奮戦記

 ママのいない生活がはじまった。

 保育園から帰ってきた娘2人をご飯攻撃&風呂攻撃&デザート攻撃&遊び攻撃の速攻でたたみ掛ける。なんとか事なきを得た。が、寝る頃になると次女がとうとう泣き出した。釣られて長女も泣き出す。こっちも泣きたいくらいだが、気合いを入れて2人ともおんぶ&抱っこのチカラ技で迎撃。ママにはマネのできない秘密兵器だぁ。

 やっと寝たので保育園の連絡帳書き。ほどなくして次女の夜泣き。あやす間に一緒に寝てしまった。深夜2時過ぎに気がついて戸締り、3時過ぎに長女のオネショで再び起きる。

 けっきょく、4時に起きてしまった。次女が生まれた時のほうがはるかに大変だったけど、子供が増えると確かにキツイな。こんなこと毎日やってるママは偉い。まっ、ママだと泣くことはないけどねー

Photo

いよいよ

 これから嫁さんの入院。こっちも心配だが、残された2人の娘もチョ~心配。特に次女は初めてのママ離れなので、どうなる事やら。パパも正念場です。

 病院の青々とした銀杏並木が美しい。安産であることを願う。

Image885_2 

ガリレオ衛星を擁する木星が好き

 子供の頃は天体少年とまではいかないまでも、宇宙には興味津津だった。父が買ってくれた加古里子さんの『宇宙』という本を何百回も読んだ記憶がある。当時は人工衛星による惑星探索が花形の時代で、小学生だった自分はパイオニアやボイジャーの新聞記事をスクラップにして集めていた。中でも木星のガリレオ衛星は氷でできた星で生命の可能性があるということで、胸を躍らせていた。あれから30年、こんどは子供たちと天体観測してみてもいいなと思っている。

 ちなみにWikipediaによるとガリレオ衛星の英語表記はJupitermoomとなっている。当たり前っちゃあ当たり前だが、神秘的な響きだ。

 Jupitermoon

コネタマ参加中: あなたが好きな太陽系の惑星は何?

子供のいない生活

 嫁さんの入院に備えて今日は次女も保育園に。子供がいない家はひっそりとしている。普段はうるさくてたまらないガキどもも、いなくなると寂しささえ感じる。いるとウザい、いないと寂しい、人生ってちょうどよくできてるなぁ。

Photo

久々の晴天

 ここのところ週末はずーっと天気が悪かったので、今週はなんだか冬眠からさめたクマの気持ちだ。さっそく畑を耕し、子供たちと外で遊び、近所の井戸端会議に参加。庭のアゲハジュニアも楽しそうだ。山椒の葉が食い尽くされて餓死しないか心配になるくらいの勢いだ。

Image901 Photo

春咲きコスモス

 庭の一角でコスモスが咲き始めた。それもたくさん。てっきり秋の花だと思っていたので、かなりびっくりだ。ネットで調べてみても開花は夏からで、今の時期はむしろ種蒔きだと記されている。

 でも秋のコスモスよりもずっと背丈は小さくて可愛らしく、春の花が終わってしまった我が家の庭にはうってつけだ。来年も咲いてくれるだろうか?

Image001

アゲハの幼虫

 庭の山椒の木にイモ虫を発見。黒くてゴツゴツして何だか醜い奴だったが、翌日また見てビックリ!綺麗なグリーンの青虫に変身していた。調べてみるとどうやらナミアゲハというアゲハチョウの仲間らしい。幼虫は何度か脱皮をする過程で色や形も変化するみたいだ。それにしても歌舞伎バリの変化はあまりにドラマチックで見事だ。

Image76300 Image76600

心機一転

 雨続きだった空も今日は日本晴れ。そして今日から6月。仕事も少し変わって心機一転がんばるゾ~!

Image75500

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »