アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

湘南の海

 週末を利用して神奈川の実家に行ってきた。温泉とスキーとサーキットが充実していることもありすっかり栃木人となってしまった自分だが、ふと神奈川人である(であった?)ことに気づかされることがある。その一つは海。今日も国道134号線を走りながら、江ノ島、腰越、稲村ケ崎を通って行くと、とても落ち着くというかしっくりくるというか・・・まぁそんな感じです。栃木に海があったらなぁー(別に何もしないけど)

Image737

ツインリンクもてぎ 2009年2月

2009年2月21日(土) 気温:4.5℃ 湿度:34% 路面温度:28℃

 待ちに待ったもてぎの日。本当は先週も行ったんだけど、なぜか全然ダメでブログに書く気にもなれなかった。今日は先週の反省も活かした攻めの走りとフロントタイヤの最後のお勤めという、けっこうドキドキな気分で臨んだ。

 少し早めに行き、ピットで去年買っておいたローダウンシートレールを取り付けた。座面が約40mm下がった。自分は座高が高い(短足)なのでいつもタコメータが見えないんだけど、これでやっと視界良好となりイイ感じだ。Image733_2

 気温はめっちゃ寒かったけど、走行時は路面温度が上がっていてコンディションとしてはかなりグッド。先週失敗した空気圧調整もバッチリ。最近気持ちばかりが熱くなりやすいのでブレーキに全神経を集中して戦闘開始。するとタイムはぐっと上がり、平均LAPが1.7秒もUP!ベストLAPも自己ベストにわずかコンマ1及ばず、2'27"486。ちょっと悔しいけど平均LAPが上がったことを喜ぶべきだろう。

 しかし、ピットに戻って車を見るとビックリ!タイヤは左フロントのショルダーがパターンごとない。さらにブレーキパッドはフロントは両側ともなくなっていて、またローターまでやっちゃった~。タイヤは覚悟していたが、パッドとローターの出費は小遣いが減った今は痛すぎる。キャリパーのブーツもただの炭になってるし・・・

 せっかくのよい成績に闘志も湧くところなのに、少なくとも来月は走行不能だな。ガッカリ。

アコード ユーロR (CL1)
ショックアブソーバ:Aragosta(減衰率 Fr:+4 Rr:+4)
ブレーキローター:Dixcel プレーンタイプ
ブレーキパッドFr:プロμ Racing777
ブレーキパッドRr:プロμ Racing777
 
タイヤ:YOKOHAMA NEOVA AD07 (205/50R16)
シートベルト:TAKATA MPH-341
ローダウンシートレール:ボ リスフ ァクトリー

Image727_3 Image730_3

やっと積雪!

 やっと雪が積もった。今年はまったく積もらないんじゃないかと思ったけど、何とか(?)積もってくれました。しかし、一日で融けてしまった。今年はさみしい冬だねぇ。

Yuki_2

Nostalgia

 毎朝通る鬼怒川の橋は並んで2本ある。一本が古い橋でもう一本が新しい橋。古い橋は道が狭くて、新しいのは道は広いし片側2車線もある。

 でも何となく古い橋が好きだ。この連続した三角形でできている緑の橋が。なんかしっくりくるのよね、俺には。

Image720

馬頭温泉 ゆりがねの湯

 相変わらず風が強くて子供たちと外で遊べないので、温泉でも行こうということで最近開拓中の馬頭温泉に行ってきた。田舎に住んでいるとスグ近くに温泉があるという、ヒジョーにありがたい恩恵を受けることができるのだ。

 今日訪れたのは那珂川町町営の”ゆりがねの湯”だ。前回行った”いさみ館”の何軒か隣にある。お湯は同じでも風呂が広そうなのでロケーション優先で選んだみた。

 町営なので例にもれず商売っ気はない。かなり田舎でノンビリしていて雰囲気は悪くない。施設も新しく清掃もよく行き届いていてなかなかのところだ。風呂も広くガラス張りの向こうには日光から那須の山々の景色が素晴らしい。露天風呂もなかなかだ。

 ただ、お湯はそれほどよくない。アルカリ性のラドン温泉で素性は良さそうだが、循環なので塩素消毒が使われている。刺激はないが臭いはする程度。今のところ俺の弱い肌にも異常はない。加水、沸かし、循環、塩素消毒についてはキチンと説明書きがされていて良心的ではあるけれど、数軒隣の”いさみ館”がかけ流しなのに比べると相当劣る。

 悪いとこじゃないけど、次に訪れることはないだろう。

Yurigane

サエラスキーリゾート尾瀬 2009

 先週は久々の岩鞍スキーを予定していたが、結局はサエラにしてしまった。その一番の原因は料金だ。

 シーズン券を買っていた頃は何にも気にしていなかったけど、当日券を買う立場になると岩鞍はかなり割高だってことがわかった。まず駐車料金、都心からアクセスが良いわけでもないのに1000円取るのはいかがなものか?周辺のスキー場はみな無料なのに。

 リフト券も高い。我々のようなメタボスキーヤーは滑走時間が少ないので、どうしてもリフト単価が高くつく。安い時間券や半日券があると非常に助かるのである。その点サエラは午前券が4時間で2500円とお得感がある一方、岩鞍は4000円とビックリする値段である。

 コースのバリエーションに劣るサエラでもリフトは高速クワッド、ゲレ食は充実、その上料金がリーズナブルとなれば、じゅうぶん魅力的なスキー場だ。いくら大規模な岩鞍であれど先行きは怪しい。スキーオンリーで売っていた硬派なイメージはどこへやら、『四季の森・・・』なんて名前だけ変えたって中身が変われなきゃ潰れちゃうゾ。

Saela

祝!変態結婚

 20年近い付き合いの変態兄さんことプッチーの結婚祝いをやろうということで、BJ、クロダを加えて泊まりで久しぶりに岩鞍に行ってきた。宿はもちろん常宿の東明館。

 いつもの面子とはいえ実は2年ぶりの集まり。夜は昔話と結婚話で大いに盛り上がった。結婚したのもオドロキだが、さらにびっくりしたのは4年も付き合っていたこと。しかもお相手は変態ではないらしい。てっきり夫婦間でも変態プレイかと思いきや、意外に普通の関係のようだ。結婚生活を例の如く普通に話す傍ら、時おり見せる照れる表情がたとえ変態でも新鮮だ。金の話だけは相変わらずリアルだ。そしてクロダの結婚生活話がさらに兄さんの幸せを引き立てる。結婚って本当に良いものなのか?不安げにそして真剣に両者の話を聞くBJであった。

 みなさん、お幸せに。

久々の兄さんの滑り。根性なくて結局サエラになりました(悲)
Image713 Image719

残務処理中

 変態兄さんの結婚祝いにとスキーに行ってきた。いろいろ書きたいことはあるけれど、明日までに終わらせなければならない仕事がまだ手つかず。うー書きてぇ。

20090208110859

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »