アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

雷神到来

 ただいま雷の集中被弾中。滝のような雨と槍のような稲妻。帰り道のセブイレブンは水没してた。昨日の雨が引いてないので洪水になってる。鬼怒川と那珂川が決壊しないといいけど・・・

Thundar

もてぎ実走 2008年8月

ツインリンクもてぎ(東コース) 気温23℃、湿度80%、路面温度35℃

 今日は月一で走っているサーキット走行日。予報は雨ということで覚悟して出かけたのだが、降りそうで降らず路面もドライという最高のコンディションとなった。行先はいつもの通りツインリンクもてぎ。今回はコースが東コースでラップタイムの実績がないので、基準タイムの設定とエンジン水温および吸気温度の測定がおもな目的だ。

 夏らしからぬ涼しい気温(23℃)でエンジンも好調。水温も103℃止まりだった。驚いたのは吸気温度で、ドノーマルながらS字コーナーで外気温度プラス5℃という優れた性能であった。素晴らしい設計である。

 タイムはベストが 1'50"5であったが、ブレーキのエア噛みの影響が大きかった。よって、今年の東コースの目標タイムは1分48秒と設定した。次回も頑張るぞ!

Image464

格安ジュエリー

 雨で外に出られないので、娘が持っているアクリルの宝石を使って指輪とネックレスを作ってみた。ホームセンターで金具を買ってきて形にしただけだが、これが意外にヒット。とっても喜んでくれた。親としても嬉しかったが、女はこんな歳から光りモノに興味があるなんて、ちょっと怖い気もしたりした・・・

Image461_2 

夏休み終了

夏休み終了
小樽を出港した。短い北海道暮らしも終わりだ。今年は天気に恵まれて過ごしやすい夏だった。珍しく精力的に動いたので、中身の濃い旅となった。来年はダラダラ過ごそう。

北海道はもう秋?

北海道はもう秋?
明日の最低気温は13度、富良野は7度らしい。はっきり言って寒い!

旭山動物園

旭山動物園
帰省とは言えせっかくの北海道なので、巷で噂の旭山動物園に行ってきた。規模は大きくないけど、なるほど動物のことがわかりやすい。夏休みあけで空いていてゆっくり見れたのもラッキー!

駐車違反

駐車違反
やられた!しかも実家の目の前で。今朝起きたら車にこんなステッカーが貼ってあった。道幅も広いのに夜のうちに取り締まるなんて、日本の警察も暇だよな。

小樽で海水浴

小樽で海水浴
今日の天気は晴れ。気温はちょいと寒くて26度。近くの漁港で海遊び中です。人もクラゲもいなくて快適!

日本海

日本海
海は広いな大きいな〜。この海の向こうでオリンピックやってるんだね。

喜多方ラーメンまん

喜多方ラーメンまん
新潟に向かう途中のSAで見つけた。スゲー美味そうなので買ってみた。思いっきりマズかった。見た目と味は違うのだ。

リベンジ!北海道

 おととい寝坊して逃したフェリーを再予約して、これから北海道にGO!フェリーは特等室しか空いてなくて高くついたけど、バカンスという意味ではゴージャスな旅ができそうこれで関東平野の湿度たっぷりの暑さから逃れられる。帰省なのでいつもゴロゴロしてばかりだけど、今回はどこかへ行きたいな。

Image415

夏らしい夏 2008

 今年の夏は久々に”夏らしさ”を感じる。去年はもっと暑かったけど、なんでだろう?夕立が毎日来るから?セミの鳴き声がうるさいから?オリンピックが熱いから?

 考えてみると・・・庭仕事と車いじりが増えたから暑さを感じやすいのかも。ってことは例年以上の”夏らしさ”を感じているのは俺だけか?床屋の兄ちゃんも”今年は暑いから客足好調っすよ!”って言ってたんだけどなぁ・・・

 などと考えている間に今日もやってきました入道雲。雷も近くなってきた。やっぱ夏だねぇ・・・

Image36500

車の中は灼熱地獄

 急に時間ができたので、車を少しいじってみた。ネットで購入した温度計をエンジンルームのエアインテークに設置した。同時に室内温度も測れるので、しばらく車を炎天下の中に放置してどれくらいの温度になるのか見てみた。

 すると外気温度33℃でエンジンルームは64.2℃、室内温度も60℃を超えていた!よくニュースで子供を置き去りにした末の事故をよく聞くけど、実際は事故じゃなく殺人だよな。車としてもこんな高い温度の空気を吸っているなんて可哀想過ぎる。

 ちなみにこのカスタム社製の温度計CT-130Dは検知範囲も比較的広くて、電源もボタン電池でなかなか使いやすいです。

Image416

いざ、北海道へ 2008夏

 今日は嫁さんの実家の北海道へ出発!のはずだった。しかし、今いるのは相変わらず灼熱地獄の自分の家。そう、北海道へは行けなかったのである。

 今日の予定は10:30新潟発小樽行の新日本海フェリーに乗ることになっていた。新潟まで幼い娘二人を連れて軽で行くには、遅くとも宇都宮を5:00には出発しなければならない。

 が、嫁さんに起こされた時、時計はすでに5:40を過ぎていた。家族揃って寝坊したのだ!それでも速攻で用意して20分で家を出る。東北道に乗る。表示は渋滞14km。がーん!それでも耐えて渋滞を抜ける。速度がノッテきた。次の表示は渋滞11km50分。・・・。潔く帰ることにした。

 なんでも最初の事故が起きたあと、渋滞の中で玉突き事故が5件発生したらしい。料金所のオジサンが教えてくれた。事故の発生は5:40、予定通り出ていれば遭遇はしなかった。”早起きは三文の得”改めて実感した瞬間だった。

Image412

娘と父親のコミュニケーション

 一昨日から一泊二日で神奈川の実家に行ってきた。嫁さんの体調がよくなく、大事をとって長女と二人での旅路となった。二人きりでお泊まりは久々だったので、夜寝れるかホームシックにならないか心配したが、意外や意外かなり有意義な時間となった。

 片道3時間の車中での会話は、普段のコミュニケーションの不足を痛感した。娘とはしっかり話をしてきたつもりで、その辺の父親よりずっとマシなどと思っていた。でも実際は大事なことはぜんぜん伝えきれていなかったし、娘の気持ちも知らないことも少なくなかった。今日は1歳の二女と二人きりでお留守番。オッパイのない俺には昼寝を寝かしつけるのも相当な苦労だ。4時間近くのランデブーに疲れ切った。

 むぅ、やはり母親はすごい。この連休で父親のメンツを挽回するぞ!

Image411

頂点を極めるということ

 さっき水泳の男子平泳ぎ100mで北島康介選手が金メダルに輝いた。前回のアテネに続く2冠は天晴れ以外のなにものでもない。男として憧れの気持ちを抱くと同時に、後輩ながらの活躍に恥ずかしい気もする。またまた感動してしまった。

 柔ちゃんといい北島選手といい、活躍もさるものながらいつも不思議に思うことがある。それは頂点を極めながらも、なぜ活動を続けるのか?ということだ。トップを維持し続けることは並大抵のことではないし、頂点の上には何もない。彼らには何かあるのだろうか?きっと継続以外の何かがあるのだろう。わかりそうでわからない。自分なら続けられるだろうか?たぶん無理だろう。そういうところに身体能力以前に差があるのだろうな・・・

 Kitajima

新種のトンボ!?

 さっき近所で見慣れないトンボを発見、捕まえて持って帰ってきた。ネットで調べてみたけどよくわからん。体全体が白っぽいのでアルビノかもしれない。誰か博識の方に調べてもらえないかなぁ・・・

Image36100

夏休み!

 今日で仕事はおしまい!今からが夏休み。実家に帰ること以外に特に予定はないけど、体を休めながら家族とゆっくり過ごすつもり。庭の向日葵がヤル気をそそる。朝顔も咲き始めた。相変わらず暑いし、ジメジメするし、日差しは痛いし、セミはうるさいし、あ~、ホントの夏が来た!って感じ~~

Image35702

落雷銀座

 わが栃木県が誇るもの、それは雷の多さだ。夏場は毎日のように雷鳴が轟き、稲妻が落ちる。火災保険のオプションにカミナリ保険というのがあるが、けっこうな人が加入している。今日も昼過ぎから雷雲がやってきてバンバン落ちて去って行った。ネットで落雷情報で検索していると、電力会社が熱心に観察しているのがなかなか楽しめた(URLがthunder.tepcoってのも笑える)。あらためて雷の多さを実感した一日だった。

http://thunder.tepco.co.jp/

Rakurai

オニヤンマ

 昨日は子供のイベントで益子町のとあるお宅へバーベキューに行ってきた。この家は広大な敷地で庭先には小さな川が流れ、その向こうは自然の雑木林になっていて、まるでトトロの森って感じだ。周りの木々はほとんどがコナラやミズナラの広葉樹で、クワガタもすぐに見つけることができた。小川のほとりには沢ガニやオニヤンマが沢山いて、自分の子供の頃より豊かな自然でいっぱいだった。運よく捕まえたオニヤンマに子ども達だけでなく、自分も興奮してしまった。高速戦闘ヘリばりの雄姿はまさしくトンボの王者だ。こんな環境は都会ではなかなかお目にかかれないのである。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »