アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« サトウのごはん | トップページ | 早くもクワガタ始動! »

ベビーシート&チャイルドシートの選び方

 先日、出産を控えた友人にベビーシートの選び方を聞かれた。ある程度知見があると思うので個人的な意見ながら記しておく。

 こういう話はよく相談を受けるのだが、まず第一に受け止めてほしいことはユーザーの使い方が不十分でシートの性能を活かせていないということ。車が何かにぶつかる(ぶつけられる)時は非常に大きな力(正確には加速度)が発生します。そんな時にシートの固定が甘かったり子どものショルダーベルトが弛んでたりすると、おそらく性能の半分も発揮することはないでしょう。すなわちシートは何を選んでも同じということです。こういうことを書くとすぐにPL法やらでメーカーが叩かれたりしますが、私的にほとんど親の責任だと思っています。シートのつけ方やベルトの締め方を説明書を見ながらどれくらい練習したことがあるでしょうか?私は子どもを乗せるときは毎回、シートの固定チェックとベルトのたわみ具合は確認しています。

 次に正しい使用方法を理解しているうえでシート選びについて考えます。こちらは皆さん熱心で雑誌やネットでかなり調べていると思うので、あまり必要ないかもしれません。専門的には、シートの方向や体を支えるベルトの面積(=何点締めか?)、ベルトの張力、シートの重量などによって性能が決まりますが、シロウト的には解るはずもないので国交省やJAFの試験結果を参考にするとよいでしょう。

 参考までに私の子どもに使ったのは、ベビーシートはレーマー社のベビーセーフプラス、チャイルドシートはタカタのミリブ6000と312-neoです。タカタはシートベルトメーカーだけあって、なかなか優秀だと思います。(だからといってレカロとか買うのは・・・あれはOEMだから)

 いろいろ書きましたが、要はシート選びはそこそこに使い方をよく知れば機能は事足りるということです。もっと言うと、そこまでできれば、一番危険なのは大人のシートと言うことになります。大人のシートは3点式でサイドサポートもなく、使う側もシートを倒したりヘッドレストを付けていない人さえいたりします。私には自殺行為にしか見えませんね。さらに重要なのは言うまでもなく安全運転です。

Photo

国土交通省のチャイルドシートアセスメント
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/crs/images/pdf/child2006.pdf
 http://www.nasva.go.jp/mamoru/childseat.html

JAFの衝突試験結果
http://www.jafmate.co.jp/anzen/crs_assess/

« サトウのごはん | トップページ | 早くもクワガタ始動! »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベビーシート&チャイルドシートの選び方:

« サトウのごはん | トップページ | 早くもクワガタ始動! »