アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

今日も雨。週末は2週連続だ。どこか行くとこないかな~
東京で飲み会に誘われているけど・・・

Img_1083

手荒い歓迎 inもてぎ

 今日は有休を取って会社仲間ともてぎに練習走行へ。今回が初もてぎとなる後輩も一緒だ。前々から楽しみにしていたようで、初期型FDを持ち込んできた。車の整備と走行費を払って、いざコースへ。

 3週目にS字コーナー手前で黄旗。見るとS字の入口で後輩がグラベルにハマッている。高い走行費がいきなりパーだ。ピットに戻ってみんなで砂利取り。どうやらブレーキパッドがヘナチョコなのが原因のようだ。やはりもてぎは厳しいコースだ。

Image33700

赤キップ!?

赤キップ!?
昨日から祖父に会うため浜松に行ってきた。昨年生まれた次女をお披露目するためだ。今年で百歳になる爺さんだが、相変わらず元気で安心した。
次に俺の実家に向かうため、高速を飛ばす。タイヤもブレーキも新品でえらく快調だったが、気がつくと後には赤色灯と桜の御紋が!スピードメーターは130キロ以上!
終わったと思った。近くのサービスエリアに止められパトカーの中で処理作業。だがナゼか一点減点の寛大な御沙汰。とにかくヨカッター!でもナゼなんだろう?

スポーツ走行@もてぎ

 今日は有休を取ってサーキット(もてぎ)へ。今日は個人的に自分の車で走ってみた。よく考えると自前で走るのは初めてだ。タイヤとブレーキパッドを交換しただけの”どノーマル”仕様で走ってみた。結果はベストが2分39秒0と、初めての割りには悪くないタイム。コーナーワークを高めて、あと1か月でもう2秒縮めたいなぁ。

 何かと金のかかるスポーツだが、ガソリン代の高騰も非常にツライ。一日でハイオクが空になるのは痛すぎる。タイヤの減りも早いなぁ・・・

Image32500 

アポロは本当に月に着陸していた!

 今日のニュースで日本の月周回衛星『かぐや』がアポロ15号の着陸船の噴射跡を発見したと報じられていた。日本のハイテクも流石ッと感心するいっぽうで、正直なんか拍子抜けしてしまった。アポロは本当に月に行っていたのか?ミステリアスな話はそのままがいいな、なんて思うのは俺だけかな?

15

最高の花束

 今日は仕事で帰りが遅かった。当然ながら家族はみな寝ているのだが、書斎の机の上には花束が!たぶん4歳の長女がとなりの空き地で摘んできたヒメジオンだろう。たとえ雑草でも父親にとっては何よりの贈り物。うーん、とうぶん親バカは直りそうにない・・・

Image339

春のBBQ

 今日は長女の保育園のBBQ。今朝まで降り続けた雨も見事に止んで、絶好のBBQ日和に。今年は父兄会の役員で、今日の担当は調理班。園児に加えてOB・OGと父兄たち総勢60名以上の昼食を作るのだ。雨上がりの雑木林は気持ちよく、普段あまり交流のない父親同士の調理は楽しかったが、これだけの料理を3時間以上作り続けるとかなり疲れる。今日はこのままバタンキューは間違いない。

Bbq

ポピー祭り

 今日は隣町の自治会のポピー祭りとやらに行ってきた。ポピーと言えば、先日そのまた隣町でポピーだと思って植えていたのが実はケシだったいう事件があったばかりだ。関係はないが最初は少々おっかなびっくりな気持ちだったが、色とりどりの花が咲き乱れる様はとてもいいものだった。

 自治会主催なので、会場は休耕田にポピーのタネを蒔いただけだが、露店は全てタダという太っ腹な企画に老若男女、自治会員問わず大勢の人で賑わっていた。田んぼの周りは手入れのよく行き届いた雑木林で、こんな近くにこんないい所があったのかと驚いてしまった。クワガタ取るならココだな。

Image326 Image328

どんぐりが発芽!

 庭先に雑草とは違う新芽を発見!昨秋に娘が拾ってきたドングリを埋めたあたりなので、それが発芽したのだろう。さっそく調べてみると、どうやらコナラかミズナラのようだ。このへんの雑木林ではよくある樹木だけど、せっかくドングリから出てきたのでしばらく育ててみようと思う。成長が楽しみ!

Image325

DIY電動ツール

 前々から日曜大工がしたいと思っていたのだが、ネットで手ごろな値段で売っていたのでついに買ってしまった!まずは入門として電動丸ノコとジグソーを購入。届いた実物を見てますます胸が躍る。さっそく家を建てたときに大工さんにもらった桧の板材を使って何か作ってみようと思う。ゆくゆくはアートな物を作ってみたいナ。電動工具オタクになりそうな予感も・・・

Image32200

早くもクワガタ始動!

 昨日は保育園の父兄会イベントであるバーベキューの下見に行ってきた。会場の公園は元々の雑木林を整備しただけで、公園というより林って感じだ。あいにくの空模様であったが、新緑に霧雨というのもなかなかの趣だ。湿気が木々の香りを際立たせて、いわゆる森の匂いってやつが気持ちよかった。

 センターハウスで弁当を食べていると、この森のクワガタ博士みたいなオジサンが来た。聞けば、家で越冬したコクワガタが多過ぎるので、この森に放しに来たそうだ。とたんに保育園の子ども達にとっては一大イベントとなり大騒ぎ。ウチの娘もオスを二匹もらってきた。来月はこの公園でホタル観賞とノコギリクワガタ探しになりそうだ。

 こんな豊かな自然が家の近くにあるのも田舎ならでは。最近は東京暮らしにもすっかり未練がなくなった自分です。

Photo

ベビーシート&チャイルドシートの選び方

 先日、出産を控えた友人にベビーシートの選び方を聞かれた。ある程度知見があると思うので個人的な意見ながら記しておく。

 こういう話はよく相談を受けるのだが、まず第一に受け止めてほしいことはユーザーの使い方が不十分でシートの性能を活かせていないということ。車が何かにぶつかる(ぶつけられる)時は非常に大きな力(正確には加速度)が発生します。そんな時にシートの固定が甘かったり子どものショルダーベルトが弛んでたりすると、おそらく性能の半分も発揮することはないでしょう。すなわちシートは何を選んでも同じということです。こういうことを書くとすぐにPL法やらでメーカーが叩かれたりしますが、私的にほとんど親の責任だと思っています。シートのつけ方やベルトの締め方を説明書を見ながらどれくらい練習したことがあるでしょうか?私は子どもを乗せるときは毎回、シートの固定チェックとベルトのたわみ具合は確認しています。

 次に正しい使用方法を理解しているうえでシート選びについて考えます。こちらは皆さん熱心で雑誌やネットでかなり調べていると思うので、あまり必要ないかもしれません。専門的には、シートの方向や体を支えるベルトの面積(=何点締めか?)、ベルトの張力、シートの重量などによって性能が決まりますが、シロウト的には解るはずもないので国交省やJAFの試験結果を参考にするとよいでしょう。

 参考までに私の子どもに使ったのは、ベビーシートはレーマー社のベビーセーフプラス、チャイルドシートはタカタのミリブ6000と312-neoです。タカタはシートベルトメーカーだけあって、なかなか優秀だと思います。(だからといってレカロとか買うのは・・・あれはOEMだから)

 いろいろ書きましたが、要はシート選びはそこそこに使い方をよく知れば機能は事足りるということです。もっと言うと、そこまでできれば、一番危険なのは大人のシートと言うことになります。大人のシートは3点式でサイドサポートもなく、使う側もシートを倒したりヘッドレストを付けていない人さえいたりします。私には自殺行為にしか見えませんね。さらに重要なのは言うまでもなく安全運転です。

Photo

国土交通省のチャイルドシートアセスメント
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/crs/images/pdf/child2006.pdf
 http://www.nasva.go.jp/mamoru/childseat.html

JAFの衝突試験結果
http://www.jafmate.co.jp/anzen/crs_assess/

サトウのごはん

 少し前に妻がぎっくり腰で動けなくなったことがあった。子どもの世話と家事に追われていて食事の用意が間に合わなかった時に、レトルトのごはんを使ってみた。レトルトのごはんと言えば、受験の頃に夜食に山菜ごはんをお湯で温めたてよく食べた記憶がある。味と食感はイマイチだったが、腹持ちがよかったので重宝したものだ。

 今回使った商品はレトルトごはんの王者”サトウのごはん”だ。そのままレンジでチンしたら出来上がり。今更ながら素晴らしい時代になったものだ。大して期待もせず食べてみると、これがナカナカのものだ。結構いける気さえする。きっとこの商品を開発した技術者達は相当に研究を重ねたんだろうということが直感的に理解できた。それほどの出来だ。なんてったって作ってから数ヶ月も経過しているシロモノなのに、出来立てみたいな美味しさなのだ。興味が湧いてきたのでスーパーに行って、競合するS&B食品のも食べてみた。こちらも悪くない出来だが、軍配は明らかに”サトウ”である。恐るべしサトウ!

Image150

地元で再会!

 今日はGWで初めて家で過ごした。というのも友人の永井家がやってきたのだ。先月から仕事で近くに越してきたばかりなのだ。もともとお互いにこの地とは何の縁もなかったのに、こうして田舎でしかも子供連れで会うことになるとは・・・いやはや時がたったのだなぁってしみじみ感じちゃいました。気がつくと子供同士も仲良くなっていた。これからは文字通り家族付き合いとなりそうで楽しみだ。

Img_0939

春の塩原温泉郷

 今日は温泉&ピクニックに行こう!と言うわけで、塩原へ。我が家では温泉と言えば塩原、ピクニックと言えば塩原となる。もちろん塩原によい温泉場とハイキングコースがあるからなのだが、話が長くなるのと周囲にあまり教えたくないこともあって、紹介は別の機会としよう。

 この時期の塩原は国道400号線沿いの渓谷の緑が美しい。斜面が切り立っているからなのか針葉樹の植林がほとんどなく、広葉樹の新芽がまさしく眩しいくらいに光っている。そんな新緑のトンネルを抜けると、下を流れる箒川のせせらぎがこれまた綺麗だ。思わず車を止めて河原に降り、娘と楽しいダム作りをしてしまった。子どもと一緒だと自分が子どもに戻って遊んでも恥ずかしくないのがいい。

 GWの塩原、超オススメの場所である。

Image314 Image313

GWの風景 ~那珂湊~

 昨日は家族で那珂湊へ寿司を食べに出かけた。今回は子どももいるので、大洗海岸→寿司屋で昼食→アクアワールド(大洗水族館)→那珂湊市場で買い物→市場の寿司屋というゴージャスメニューである。

 GW中ということで渋滞覚悟で出発したが、カレンダーでは平日とあってどこも快適であった。休憩がてら海岸で貝殻拾いをして早めの昼食。行き先は那珂湊のすし久。客は我々しかいなかったが、ネットの口コミ情報でも評価が高いだけあって上々の味であった。値段も良心的だ。子どものために行った水族館は特にコレという目玉はなかったものの、ベビーカーでも一周できるバリアフリーの館内は非常に助かった。こいのぼりがマンボウだったのが一番笑えた。那珂湊の市場は相変わらず活気があって安い。これでもかと買いこんでもまだ買い足りない気になってしまう。夫婦とも海辺育ちなのに海なし県に住む我が家としては羨ましい限りである。最後に夕食として立ち寄った港の回転寿司だが、これだけがハズレだった。お目当ての寿司屋(海華亭)が休みだったのが痛かった。次回は絶対ここで食べたい。

 いまは我が家から片道約1時間半のちょっとした遠出だが、来年開通する北関東道を使えば1時間ほどで行けるので、また出かけることにしよう。

Image308 Image306

ビデオカメラの選び方

 先日、友人からビデオカメラを購入したいのだが何にしたらよいか?と聞かれた。相変わらず暇なGWを活かして、電器店で最近の動向をチェックしたみた。

 かつては8ミリで一世を風靡したハンディカムことソニーと手ぶれ補正技術とデジタル化で台頭したパナソニックの対決は今も続いているようだ。久しぶりの技術トピックであるハイビジョン化もひと段落して、どうやら今はその大量のデータをいかに保存するかがホットの様相だった。具体的にはHDD派とメディア派の激突の構図となっている。

 いつの時代も技術満載のハイエンド機が誌面を賑わせているが、自分としては実際には次の観点で選べばことは足りると思う。
   1.持ちやすいか?
   2.バッテリーの持ちは?
   3.重さは?
   4.撮った映像はどうやって残すか?
その他の機能は一般ユーザーなら大して変わらない気がする。

 持ちやすさは、縦持ちと横持ちと両手持ち(シャープ)があったが、人間の関節の仕組みから言って横持ちしかないと思うし、今はほとんどこの型になっているようだ。一部で縦持ちがあるが、振動なく保持し続けるには結構つらい思いをするはずだ。
 バッテリーはまずは標準でついているバッテリーがどれくらい持つのかが重要だし、電器店でオプションの長時間仕様をオマケしてくれるかも大きな判断材料だ。長時間仕様がラインナップにないメーカーなど言語道断である。子どもの出産撮影中にバッテリーが切れたりしたら死刑同然だ。
 次に重さ、これも大きい。電器屋で触ってみるとよく分からないが、長時間同じ姿勢で撮影を続けているとかなり効いてくる。私の場合、400gを超えると却下である。長時間バッテリーを使ったりすると差は歴然である。
 最後に映像の残し方。これは人によって変わってくると思う。HDDとメディアの選択となるのだが、基本的にはメディアではなかろうか?撮った映像をPCなりDVDなりに保存することをマメにやることができる人は問題ないが、私のように撮りっぱなしの場合はいざという時に空き容量がないなんてことも多い。そんな時は金で解決できるメディア仕様のほうがずぅっと有利なのだ。最近じゃコンビニでも売っているだろうし。

 以上のことを考えれば答えは比較的簡単に出るんではないだろうか?私の場合はパナソニックのHDC-SD9あたりが良さそうだ。コレを半年以上待って、型落ち直前に激安で買う!どんな家電でも10万円以上かけちゃいけません。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »