アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« アルツ磐梯スキー場 2008 | トップページ | 春の息吹 ~チューリップ~ »

日光湯元スキー場 2008

 スキーはスキーでも今日は長女のスキー場デビュー。行き先はエーデルワイスと迷ったが、前々から行こうと思っていた日光湯元スキー場だ。

 快晴の空のもと西に進むと、男体山・女峰山をはじめとする日光連山の雄大なパノラマに迎えられる。ここは先日買った新レンズの出番とカメラを取り出すが、電池が入ってない!充電器にかけたままだった。かなりのショック。しかし、中禅寺湖、戦場ヶ原、湯の湖と続く大自然の雪景色を進むのは、相変わらず気分がよい。

 湯元温泉の硫黄の匂い(娘的にはオナラの臭い)の中、湯の湖畔にある日光湯元スキー場に到着。到着が10時近くと遅かったせいで専用駐車場はすでに満車。ここを逃すと共同駐車場に停めるわけだが、遠くはないが子連れにはちと疲れる距離だ。専用駐車場だけは有料だが、何かと車に戻ることが多い家族連れにはここをオススメする。

 かなりマイナーなスキー場なので大して期待していなかったが、実際行ってみてその充実ぶりにビックリした。レベル別に2つに分かれている広大なファミリー(そり)エリア、スキー場全体が全てワイドな緩斜面、マナーの悪い客は皆無、リーズナブルな料金。こども連れには最高のスキー場ではなかろうか?レンタルやゲレ食、施設の充実などは並み以下だが、それ以上の価値がここにはある気がする。”ファミリー向けのみ”と言わんばかりの割り切りようだ(割引クーポンも見当たらない)。日光白根山系のダイナミックな山並みを楽しみながら滑れるのも素晴らしい。また近々来ることに決めた。

Image219

« アルツ磐梯スキー場 2008 | トップページ | 春の息吹 ~チューリップ~ »

スキー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光湯元スキー場 2008:

« アルツ磐梯スキー場 2008 | トップページ | 春の息吹 ~チューリップ~ »