アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« ハンターマウンテン塩原 2008 | トップページ | 冬の風景:日光連山 »

耳掻きのこだわり

 私は耳そうじが好きだ。もう20年近くほぼ毎日耳をかいていると思う。そんな私がこだわっているのが、唯一の道具”耳掻き”だ。自分では見えないところを扱うわけだから、感覚の相性が相当よくないと『これッ!』とはならない。実際、この20年で愛用した耳掻きはたったの2本だけ。それだけ奥が深いのだ。

 そんな私が先日3本目の耳掻きを購入しハマっている。これまで私は金属製で日本式の耳掻きを使ってきた。木製や洋式など邪道と考えていた。しかし出張で東京に行った時に立ち寄った東急ハンズで、旅行用に和洋式のハイブリッド耳掻きを購入してみた(実はそれまで使ったいたものも札幌のハンズで買っている)。これが思いのほか凄い!それも洋式が!耳垢の取れ具合やその後のスッキリ感など、今まで味わったことの無い快感だ。この場を借りてぜひ西洋式をオススメしたい。

Image179

« ハンターマウンテン塩原 2008 | トップページ | 冬の風景:日光連山 »

雑貨・小物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳掻きのこだわり:

« ハンターマウンテン塩原 2008 | トップページ | 冬の風景:日光連山 »