アラフィフな挑戦生活

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

いよいよ大晦日、残りの2007年の過ごし方

 12月もアッという間に残り20数時間になってしまった。仕事の傍ら例によって強引に忘年会ロードをこなし、残ったのはサボり続け山積みになった年賀状。昼間は子どもがいるので、書くのは夜しかない。ってことは今夜だけ。自業自得なんだが、たまには余裕のある年末を過ごしたい・・・

Image112_2

サンタクロースは誰?

 今日も残業で帰宅がすっかり遅くなってしまった。やっといまサンタの代行業務が終わったトコ。明日の朝の子どもの反応が楽しみだ。
 ところで子ども達はいつまでサンタクロースの存在を信じるのだろうか?周りには欲しい物を買ってやる”ぶっちゃけサンタ”の家もけっこういるようだ。親としては時にはサンタの格好をして夢を膨らませてやりたい気もするが、『そんなのいるわけないじゃん』『どうせパパでしょ?』なんて言われたらガッカリだ。
 どうせなら夢のある生活にしたいけど、みんなどうしているのかな?ちなみに俺は小学2年くらいまで信じていたような気がする。けっこう少年してたのね。

Image11100

クリスマスと大掃除と年賀状と正月

 の準備がまったくできていない。おまけに仕事も片付きそうにない。しかし、スキーには行きたい。金精峠の閉鎖は待ってくれない。あぁ~スキーに行きてぇ!
 仕方がない。今年も紅白見ながら年賀状書くか・・・

火星に小惑星が衝突?

 今日のニュースで来月末に火星に小惑星が衝突するかも知れないことを知った。2007WD5という名前の直径50メートルの岩が激突するってんだからビックリだ!時速は45000km/h、衝突のエネルギーは広島原爆の200倍というから、小さい世界で生きている俺にはかなりデカイことしか分からない。
 報道によれば衝突の確率は75分の1らしいが、そんなことより地球は大丈夫なんだろうか?今ちょうど最接近しているんだから、ちょっとした軌道変化でこっちにぶち当たるんじゃないだろうか?
 まっ、そん時はそん時だな。想像できないくらい大きなスケールの話に、いちいち蟻んこみたいな人間が騒いでもしかたがないし。

Amr0712221001007p1

やっぱりサンタクロースは煙突からやってくる?

 今日は娘のクリスマスプレゼントを買いに一人でお出かけ。街中のあるお店で見つけた、ちっちゃいサンタのご一行。やっぱ煙突登ってました。俺にも何かちょうだい!

Image111

年の瀬って感じでしょ?

 稲が刈られて木枯らしが吹いて山に雪が降って空は澄んで・・・いよいよ今年も終わりかっていう風景になってきた。

Image1090000

冬の奥日光・金精峠を往く

 今日はひとりで丸沼へ。苦手な早起きもなんのその、6時半に出発。今年は気合いが違うのだ!
 天気もよく快調に愛車を走らせるが、遠く彼方の日光連山が厚い雲に覆われているのが気になる。実際、中禅寺湖あたりから雲行きがおかしくなり、湯元を過ぎると強い風と雪。あと2週間で閉鎖するだけあって、雪はすでにそうとう深い。菅沼も凍り始めていた。
 スキー場もこの日は寒すぎで、リフト待ちもツライ。そこへこの冬イチの大混雑が拍車をかけ、今日の滑りは2時間半で終了となった。
 帰りは風がさらに強まって修羅場と化していた。特に金精峠の栃木側は地吹雪でホワイトアウトしているところも数ヶ所あって、『これで通行止めにしない国交省もすごいな』と怖くなる程だった。役人たちの”判断をしない””様子を見る”ぶりにはホント呆れてしまう。
 戦場ヶ原まで来ると、ようやく薄日が射してきたので一枚撮ってみた。この時はもうヘロヘロでした。

Img_3967

2007年忘年会折り返し

 昨日は泊まりで前の職場の忘年会。やはり古巣は居心地がよく、イベントでディズニーランドのペアチケットもゲット。気持ちよい一晩を過ごせた。
 で、当然ながら今日の体調は不調。俺の場合、特に腸がやられる。忘年会もこれで3件目だが、来週もすでに2件はある。どれも楽しい宴だが、近年は年越しあたりまで体調が思わしくない。そろそろ忘年会もセーブせねばならない歳なのかな?今日のビールは止めておこう。

Image10500 
 

霧と靄と霞

 今朝はあたり一面の朝靄(もや)というか霧で真っ白だった。で、ふと霧とか靄とか霞とか似たような言葉の違いが気になったので調べてみた。
 気象学的には視程が1 km未満が霧で、1km以上10km未満が靄(もや)と区別するらしい。霞はよくわからん。でも言葉の起源としては、どれも理由があったはずだ。そこんとこが知りたいのになぁ。

Image10201

2007/2008丸沼割引情報

 今日はスキーに行ってきた。前回に引き続き丸沼だ。
 日の出と同時に家を出る。朝陽と真っ白な日光連山が気持ちいい!いろは坂から先は圧雪路で今シーズン初のドライビングは非常に楽しいものとなった。この時期は金精峠が開いているので、1時間半足らずで丸沼に到着。やっぱ金精峠は閉めちゃイカン!
 リフト券は1日券が先月の3000円からいきなり4500円にジャンプアップ!滑走可能なゲレンデの数を見れば仕方がない金額だが、午前券に相当する5時間券が4200円というのはどういう意味があるんだろう?たった300円しか変わらないこの券を果たして客に売る気があるのだろうか?
 夕方まで滑る気はないので、5時間券を購入。すると『御優待カード’08』なる割引券が付いてきた。読むと、リフト1日券+昼食+ソフトドリンクで5800円が4800円に割引になるらしい。ってことは5時間券プラス600円で昼食と飲み物がゲットできる?ますます5時間券の意味が分からん。おまけにこの割引券、期間中何度でも、一度に5名まで使えると書いてある。
 シーズンが長いし駐車場も無料とか魅力はいっぱいあるのだから、もうチョット考えてほしいよね。今日もスキー自体はとっても楽しめました。

Image10200 

またまた寒っ!

 11月後半の異常な寒さから解き放たれたと思ったら、またマイナス軍団がやってきた。まぁ12月も中盤に入るわけだから、当たり前と言えば当たり前だが・・・
 庭の土が霜のせいでボコボコになってた。歩くとザクザク鳴って気持ちいい。だけど、気がつくと靴が泥だらけ。
 でもまぁ、いっか!明日は土曜日。スキーに行ってこようかなぁ・・・  

Image094Image093

フラッシュバック10年前

 昨夜は兵庫から友が訪ねてきた。彼は10年来の仲で、出会ったのは北海道の利尻島という北の果てだった。その時が俺が嫁さんと初めて出会った瞬間であったりもする。とても大事な友だ。
 やってきたのは23時を過ぎてからで、我が家に滞在したのは正味数時間だったが、昔のバカ騒ぎした頃の話から俺らもオッサンになっちゃったみたいな話、今となっては笑って話せる話まで、とても楽しい時間を過ごすことができた。
 やっぱり持つべきは友達!こんどはゆっくり来てね。

1

冬の大三角形と火星と天の川

 相変わらず火星が明るく光っているので、もう少し調べてみた。火星が地球にもっとも近づく今月中旬には、冬の大三角形と十字架を描くような配置になるみたいだ。南十字星ならぬ北十字星ってとこかな?さらにさらに、この十字の中を天の川が横断しているっていうから驚きだ。詳しい人には当たり前なのかもしれないが、シロウト的にはなんともロマンチックな星空に見えます。もっとも天の川を見るには、きっと我が家の周りは明るすぎるだろうけどね。

Mars1219z

師走の空に響くアフリカ太鼓の音

 今日は長女の保育園のお祭り。その中でアフリカ太鼓の演奏会というのがあった。独特の色彩やテンポが新鮮だ。本来なら天候もアフリカのサバンナがぴったりハマるんだろうけど、遠い日本の、しかも冬の青空にも、なかなか悪くないもんだ。保育園のお祭りとどんなつながりがあるのかは、まったくの謎だが・・・

Img_3899

スキーに行きてぇ!

 行きたいのに行けないこの辛さ。先週の初滑りから気合入りっぱなしなんだけどな~。来週はぜったいに行く。

Image08900

冬の空は気持ちよく青い

 昨夜は大事な友人達と久々の飲み会。盛り上がりも相変わらずで、かなり飲んでしまい帰りの記憶も定かではない。で、今朝は最悪の状態で目が覚めた。
 今日は朝から保育園の行事の準備があり、完全な2日酔いで出かけた。果たして自分が使い物になるのかと思っていたが、超冬晴れの下で日曜大工や園児達のサッカーの相手をしていると気も心もリフレッシュして意外に早く醒めた。
 家に帰るとデッキで干されている布団に寝転び次女と日向ぼっこ。空の青さが気持ちよく、空を意識して過ごした一日だった。散歩の途中、葉の落ちた街路樹と冬空の青さとのコントラストが気持ちよくて一枚撮ってみた。

Image098

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »